家族が出来る!受験対策とは?

受験生がいるご家庭では、
「何かしてあげられることはないか」
と受験生の家族に対して色々な思いを抱きますよね。

そんな時、ご家族がしてあげられる「受験対策」があります。

Sponsored Link


1:風邪対策は家族全員で徹底する

juken03

受験シーズンに猛威を奮うインフルエンザ。

受験生は接種することが多いでしょうが、
ご家族は接種しないというご家庭も見受けられます。

「インフルエンザワクチンを接種したから
インフルエンザにかからなくなる」

と思われている方もいらっしゃいますが、それは間違いです。

「インフルエンザワクチンを接種=インフルエンザの重症化を防ぐ」

だけであり、家族がインフルエンザに罹れば、
受験生も感染する可能性があります。

鶏卵アレルギーがない方などは、
家族もインフルエンザの予防接種を受けるようにしましょう!

インフルエンザと同等に怖いのがノロウイルス。

秋口から牡蠣などが市場に出回ることから、
ノロウイルスなども流行し始める傾向があります。

二枚貝などを調理する際は85度〜90度程度1分半以上の
加熱をすることで、感染を防ぐことが出来ます。

また乾燥し始める季節になる前から、
うがい・手洗いを徹底することや、加湿器の準備、
アルコール除菌などを心がけるようにしましょう!

手指に擦り込むタイプのアルコールスプレーを
玄関先や洗面台などに常備しておくことをお勧めします。

2:落ち着いて勉強できる環境を作る

juken02

ただでさえ、ピリピリしている受験生。

日常で当たり前に発生する些細な物音すら
ストレスの原因になることが考えられます。

ゲームをしている兄弟がいるのであれば
音量を下げるようにさせることや、

受験生の部屋に聞こえない場所で
電話などをするように家族全員で配慮しましょう!

また、夜食なども
「家族が寝静まった後に勝手に食べられるもの」
を常備しておいてあげることも大切です!

「早く寝なさい」と言いたくなるかもしれませんが、
夜中の方が集中できる子もいます。

受験勉強のペースを掴んでいる場合は、
生活習慣が多少乱れていても見守る配慮が
必要になってきます。

但し、寝不足などで免疫力が低下する可能性もあります。

根を詰め過ぎている場合は

「2時間睡眠で、集中出来ない」よりも
「5時間寝て密度の高い勉強時間」を設ける

ことの大切さなどを話し合ってあげることも大切です。

3:気分転換をしようとする受験生を責めないで!

juken01

時には受験勉強というプレッシャーから
一時逃れたい時もあります。

家族と一緒にTVを観たり、
友達と食事に行こうとする受験生も勿論います。

気分転換をしている姿を見ると「少しは焦りなさい!」
と叱責する親御さんも多いようですが、

この場合は「ほどほどの気分転換は容認する」
という親御さんの心のゆとりが求められます。

周囲が受験モード一色に染まっていると、
受験生の重圧は計り知れないものになります。

時にはガス抜きをさせてあげる必要がありますし、
そのタイミングは十人十色です。

遊び過ぎている場合を除いて、友達と出掛ける日や
デートをする日を受験生が設定した場合は

「いってらっしゃい」と気持ちよく送り出してあげるのも、
家族だから出来ることです。

家族でドライブがてら合格祈願に出掛けるのも素敵ですよ!

いかがでしたか?

受験生は想像よりずっと苦労しています。

「うちの子は受験モードに入ってない」
と思われるご家族もいらっしゃるでしょう。

けれど家族が見守ってくれる安心感は
受験生にとって何よりの力になります!

ご家庭で受験対策を強化し、受験生が安心して
受験に臨める環境を作ってあげましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す