脳梗塞の前兆の症状が現れたら自宅で簡単にできるFASTテストでチェック!

脳卒中の一つである、脳梗塞

脳梗塞とは脳内の血管が詰まることで発症します。

日本では癌、心臓疾患に次いで死因率の第3位
となっている恐ろしい病です。

今回は脳梗塞の前兆をご紹介いたします。

Sponsored Link


1:脳梗塞の前兆とは?

noukou01

脳梗塞には前兆があらわれることがあります。

下記のような症状が現れたら、
脳梗塞の前兆かもしれませんので病院で診てもらいましょう!

【脳梗塞の主な前兆】
・片側の手足、顔面にしびれや麻痺が起きる
 (手足のみ、顔面のみという場合もある)
・ロレツがまわらない
・言葉が出ない
・相手の言っていることが理解できない
・力はあるのに、立てない・歩けない・フラフラする
・片方の目が見えなくなる
・物が二重に見える
・視野の半分が見えなくなる

これらの症状が現れても、数分で消失してしまう場合もありますが、
それは一過性脳虚血発作(TIA)と呼ばれるものであり、
約3割の方が脳梗塞を起こします。

つまり、この一過性脳虚血発作を見過ごすことをせずに、
早急に病院を受診することで大事に至らずに済みます。

2:脳梗塞のチェック方法、FASTテスト

noukou03

一過性脳虚血発作脳梗塞かどうかを見極めるために
自宅などでも行えるチェック方法があります。

FASTテスト方法と呼ばれるものです。

F
FACE:顔面麻痺を確認する。
 「いー」と言いながら口角を上げます。
 どちらかの口角が上がらなければ脳梗塞の疑いがあります。

A
ARM:腕の麻痺やしびれを確認する。
 掌を上にして肩の位置まで上げ、目をつむります。
 どちらかの腕が下がってくるようであれば疑いありです。

S
SPEECH:言語の異常を確認する。
 推奨されている言葉は「太郎が花子にりんごをあげた」
 というものですが、家族の名前を全員言ってもらうなどでもOKです。
 言えなかったり、おかしなことを言っている場合は疑いありです。

T
TIME:脳梗塞は時間との勝負です。
 どれも出来なかったり、1つでもおかしなことがあれば
 早急に救急車を手配しましょう。

脳梗塞発症から4時間半までに医師に診てもらえれば、
血栓を溶かすことが出来る点滴を受け、
後遺症もほとんど残りません。

脳梗塞発症から8時間以内であれば、
血管内治療という足の動脈から脳の閉塞部分まで、
カテーテルを挿入し、脳内の血栓をカテーテルで
吸引する処置です。

切らずに行える治療なので、
患者さんの負担も少ないことがメリットです。

3:脳梗塞かもしれないと思ったら

noukou02

以上のことを踏まえると、「あれ?おかしい」
と感じたら一刻も早く病院へ行くことが
求められているということが分かりますね。

救急車で搬送されても、診断するための検査などで
1時間程度を要することがあります。

症状に気付いてから3時間以内に救急車を
要請することが肝心です。

しかし

「何かおかしい気がするけれど、脳梗塞の前兆?
救急車を呼んでいいの?」

と迷われる方もいると思います。

そんな時は、救急相談センターに電話をかけ、
指示を仰いでみるのも必要です。

救急相談センター⇒#7119
(携帯電話、PHS、プッシュ回線)

若年層にも増えている脳梗塞。

おかしいと思ったら迅速に対応することで後遺症が
残らなかったり、最悪な事態を免れることが出来ますよ!

スポンサードリンク

コメントを残す