ユネスコの活動に思わず感動!世界遺産だけじゃなかった!

最近のニュースを賑わせ、テレビでよく特集を組まれるように
なった「富岡製糸場と絹産業遺産群」

日本では18件目の世界遺産だそうです。

そのニュースや特集では、世界遺産ユネスコと言う言葉も
一緒によく聞きますよね?

ユネスコの世界遺産などとも言いますが、ではユネスコとは?
そんな疑問を持つ方もいらっしゃるかと思います。

なので少し調べてみました。

Sponsored Link


ユネスコとは?

unesco03

ユネスコの正式名称は「国際連合教育科学文化機関」と言い、
英語での正式名称の頭文字を取って「UNESCO」
日本語では「ユネスコ」と呼ばれています。

本部はフランスのパリにあり、国連の専門機関の一つで、
教育、科学、文化の発展と推進を目的としています。

ユネスコ憲章の前文に

「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、
人の心の中に平和の砦を築かなければならない」

とあり、教育や文化の振興を通して、戦争の悲劇
繰り返さないと言う理念を掲げています。

ユネスコの活動は?

unesco05

ユネスコの活動には、大きな二つの目標があります。

まずは「万人のための基礎教育」

これは識字率の向上、義務教育の普及などの活動です。

世界中で、文字を読み書きし、理解することが出来ない人は、
約9億人居ると言われています。

それを施してくれる義務教育も、誰でもが受けられる訳では
ないのです。

その普及こそが、貧困から脱出する足がかりになるのです。

次に「文化の多様性の保護および文明間対話の促進」

この活動に、世界遺産の登録や保護が入ってきます。

他にも文化多様性条約の採択、ユネスコ記憶遺産事業などを
実施しています。

世界遺産とユネスコ?

unesco04

では世界遺産とは何でしょうか。

世界遺産には大きく分けて、3つの種類があります。

ピラミッドやベルサイユ宮殿などの「文化遺産」。
屋久島やグランドキャニオンなどの「自然遺産」。
マチュピチュやタスマニア原生地域などの「複合遺産」。

これを世界中の人々共通の遺産として未来に引き継いでいこう、
と言うのが、世界遺産の大まかな趣旨です。

世界遺産に登録されると、その景観や環境の保全
義務づけられます。

そうすることで、人類の遺産を失わせないような配慮が
なされるようになるのです。

無形文化遺産と和食?

unesco01

世界遺産と言うのは、移動が不可能な不動産や、
それに準ずるものが対象になります。

ですが、和食が文化遺産に登録された、などという
ニュースも聞いたことはありませんか?

和食はもちろん移動は可能で、不動産でもありません。

これは「無形文化遺産」というものになり、同じユネスコ内に
ありますが、世界遺産とは別個のものになります。

民族文化財、フォークロア、口承伝統などの無形のものが保護の
対象になり、日本では歌舞伎や能楽、浄瑠璃などが、多数登録
されています。

子どもたちとユネスコ

unesco02

遠い昔から現在までに残された歴史的建造物や自然。

世界遺産に登録され、人類の遺産として守って行くには、
これから先の未来が重要です。

未来を担うのは子どもたち。

その子どもたちに向けて開催されているのが、
「ユネスコスクール」「ユネスコキッズ」です。

ユネスコスクールでは、ユネスコの理念を学校現場で実践する
ことを目的とし、世界中の学校と交流を図り、情報や体験を
分かち合い、地球規模の諸問題に取り組めるような新しい
教育内容や手法の開発、発展を目指しています。

1カ国当たりの加盟校数は日本が世界最大になっています。

ユネスコキッズは、子どもたちに向けた環境教育プログラムで、
docomoが協賛するユネスコ公認のウェブサービスです。

自然を好きになった子どもは 自然を壊さない大人になる、との
考えから、多くの世界自然遺産に触れ、一人でも多くの子どもに
自然を好きになってもらう活動をしています。

遠い過去から遠い未来までを見据える活動を、ユネスコは
続けているんですね。

スポンサードリンク

コメントを残す