忘れていませんか?ペットの寒さ対策!

「あったかい毛皮をまとっているから
ペットは寒くないんじゃないか」

と思われがちですが、ペットの寒さ対策は万全ですか?

犬は比較的寒さに強く、猫は寒さに弱いとされています。

では、どのような寒さ対策がペットに良いのでしょう?

今回は外飼いのワンちゃんから家の中のニャンちゃんまで
寒さ対策をご紹介します!

Sponsored Link


1.外で飼っている犬の場合

pet03

外で飼っている場合、犬小屋を寒さ対策してあげましょう!

犬小屋は日当たりが良く、風通しが少ない場所に設置してあげ、
犬小屋内に風が入ってしまうようであれば、
シートや段ボールで風を遮断するようにします。

出入り口もビニールシートなどでカーテンを
作ってあげるのもお勧めですよ!

また、段ボールの上にフリースなどの保温できる布や、
犬用の湯たんぽ、アルミシートなどを敷いてあげると
寒さがしのげます。

ノミダニ予防のために、冬中同じものを敷きっぱなしではなく、
時には新しいものに取り換えてあげましょう。

しかし、氷点下の日が続いたり、雨や雪が降るような場合は
玄関の中に入れてあげるなどの対処も必要です!

老犬の場合は、体力も低下していることが
考えられますので冬場の間は家の中に入れてあげる
などの配慮をしてあげましょう!

2.室内飼いの犬の場合

pet02

犬はお腹の毛が少ないため、
下からの寒さを感じやすいところがあります。

まずは、飼っている犬と同じくらいの高さは
どの程度寒いのかを把握してみることをお勧めします。

室内飼いの場合は20℃〜25℃前後
犬の過ごしやすい温度とされています。

それを下回っているのであれば、
ラグやベッドなどに寒さ対策をしてあげましょう!

ストーブなどにはサークルで囲い、
犬がいたずらしないようにしたり、
コードなどをかじらないように対策をして
おくことが肝心です!

部屋の中が乾燥してくると鼻や喉の粘膜が弱る
可能性もありますので、適度な湿度
保つようにしてあげましょう。

飼い主が留守中などは、バスタオルなどを濡らしたものを
部屋に干しておくだけでも加湿効果が期待できますよ!

3.猫の場合

pet04

自分で「心地よい温度の所」を見つけるのが得意な猫ですが、
部屋が冷え切っていたら辛いのは猫も一緒です。

いつも寝ている場所にフリース猫ベッドを置いて
あげたりしましょう。

快適な温度は室内犬同様、20℃〜25℃です。

猫は炬燵や布団にもぐったりすることで寒さをしのぎますが、
中には寒さのあまりにヒーターに近づき火傷をする子もいます。

ヒーターなどに近づきすぎないように
サークルで囲うなどの配慮をしましょう!

また、猫専用の炬燵なんていうのも売っていますので、
そちらを試してみるのもいいかもしれませんね!

=>楽天市場で猫専用こたつを探す

4.共通して気を付けたいこと

pet01

ペットは、冬場は水を飲む量が減りがちになってしまいます。

ご飯をドライフードからウェットフードに変えてみたり、
すぐにお水が飲めるように夏場同様、
水飲み場を増やしてあげるなどの配慮をしてあげるといいですよ!

またブラッシングをすることで、皮膚への刺激が
行きわたり新陳代謝が活発になりますので、
換毛期だけではなく、冬場もブラッシングを
こまめにしてあげましょう!

家族同様、大事なペット!

冬場も快適に元気に過ごしてもらえるように、
安全な寒さ対策を早めにしてあげてくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す