長崎県五島列島の「五島うどん」って三大うどんの1つなの?

うどんというと、香川県が有名です。

しかし、日本には三大うどんと評されている
うどんがあるのをご存知でしたか?

今回はそのうどんの中でもマイナーな
五島うどんの魅力に迫りたいと思います。

Sponsored Link


1:五島うどんとは?

gotoudon01

長崎県五島列島で作られている、細麺のうどんです。

打ち子に食用のツバキ油が使用されていることもあり、
微かにツバキの香りも感じることの出来るうどんに
なっています。

出汁はトビウオの子どもであるアゴを使っており、
透き通った汁でさっぱりとした感じのおつゆとなっています。

遣唐使が派遣される時に最後に立ち寄ったのが
五島列島とされており、日本を離れる直前に
食べていたという歴史が深いうどんです。

今は楽天などでもお取り寄せが可能ですので、
一度食べてみてはいかがでしょうか?
=>五島うどんを楽天市場で探す

2:五島うどんの食べ方は?

・地獄炊き
⇒大鍋に大量の熱湯を入れ、その中にうどんを
 入れるというシンプルな食べ方です。

鍋からうどんを取りだし、煮え湯で頂くのですが、
家族や大勢で頂く時にこの食べ方をされるそうです。

なぜ、地獄炊きと呼ばれるようになったかというと、
旅人が「しごく美味しい!」と言ったのを
「地獄美味しい!」と聞き間違えたのが由来とされています。

・ジャージャー麺風
⇒肉みそなどを乗せて食べるというものです。

パスタや中華麺によく似ているので、
和・洋・中と組み合わせは無限大のようです。

五島うどんは手延べ手法で作られており、
時間が経っても伸びにくいのが特徴です!

夏場はだし汁も冷やし、冷うどんとして食べると、
そうめんよりも食べごたえがあるので男性からも人気です。

3:五島列島の魅力

gotoudon04

そんな日本三大うどん五島うどんが生まれた
五島列島っていったいどんなところ?
と思われる方も多いでしょう。

五島列島は長崎港からフェリー高速船ジェットフォイル
行くか、飛行機で行くアクセスしかありません。

しかし…東シナ海から取れる新鮮な魚介類や、
海の綺麗さに驚くはずです!

あまり観光施設は多くありませんが、
五島の福江島のスーパーには見たこともないような
美味しそうなお魚がずらり!

都内だったら1万くらいしそうなお刺身の盛り合わせ
3,000円以下で売っていたりします!しかも新鮮!!!

そして、五島牛もとっても美味しいんですよ。

海も沖縄以上に美しいと言っても過言ではありません。

夏場も人気のビーチ、高浜海水浴場では人ごみに
うんざりすることもなく、バナナボートなどを
楽しめたりもします!

そして、東シナ海に沈む夕日…

日頃の喧噪を忘れて、
ただ立ち尽くしてしまう程の圧倒的な美しさがあります。

gotoudon02

キリシタンの島でもあるので、教会も立ち並んでおり、
五島の方々の想いを感じることができますよ!

そして、五島に行ったら…ぜひ五島の守り凧の
「バラモン」を見てみてくださいね。

いかがでしたか?

まだまだ日本にはこのように素敵なビーチ
美味しい食事、自然の残る島が沢山あります。

機会があったら是非、
五島へ赴いて感動を体験してくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す