県民手帳とは?北海道は?青森県は?

あなたは、自分の住んでいる県の県民手帳って、
買ったことありますか?

インターネットがこれだけ普及した現在において、
行政窓口生活相談など分からないことは
何でもネットでカンタン情報を手に入れられます。

それでも各県それぞれ工夫を凝らして特色ある
県民手帳を毎年発行しているんですよ。

Sponsored Link


県民手帳の内容は?

ken01

県民手帳の内容は、県庁、市役所、町村役場の所在地
とその連絡先、統計資料、県のシンボル
県内の行事やイベント電車路線図など
の主要情報の掲載が基本です。

その他には県内の国会議員および県会議員の連絡先に
県民歌や県の地位や指標、また県のお国自慢なども
盛り込まれ、そこでしか得られない県民情報
郷土愛にあふれた特色ある内容となっています。

いずれも、県の統計協会統計センター
発行しているだけに、そこでしか得られない、
地元の人でも知らないようなレア
統計資料(犬の予防注射票交付数日本一(愛知県)など)
も掲載されています。

県民手帳発行していない都道府県は?

ken02

北海道、東京、神奈川、三重、兵庫、大阪、京都
は現在、県民手帳を発行していません。

発行部数が最も多い県民手帳は
長野県55,000部だそうです(平成25年版)。

各県民手帳の特徴は?

ken03

今年、平成26年版で興味深かったのは、
昨年世界遺産に登録された富士山を擁する
静岡県山梨県の県民手帳です。

静岡県のほうは、表紙に横山大観・石川欽一郎
見開きには葛飾北斎の富士図をあしらった
世界遺産登録記念特装版を出した一方、

山梨県のほうは例年通り2色の装丁での出版で、
特に富士山にこだわった内容でもありませんでした。

さらに驚いたのは、青森県です。

なんと5色の表紙から選べるという、
若い人のニーズにもマッチした気の利いた趣向です。

各県、500円程度での販売ですので、
自分の住んでいる県だけでなく、観光で行ってみたい県や、
訪れてみて良かった県の県民手帳
手に入れる人も多いようですね。

スポンサードリンク

コメントを残す