その食生活で大丈夫?糖尿病を正しく理解しよう!

糖尿病という言葉は、皆さんも耳にしたことが
多いのではないでしょうか。

しかし、「糖尿病ってどんな病気ですか?」
と聞かれて、正しく回答出来る方は少ないのも事実です。

今回は、身近にある生活習慣病の1つ、
糖尿病についてスポットを当ててみたいと思います。

Sponsored Link


1:糖尿病とはどういう病気?

tounyou03

血液に含まれる糖分(通称:血糖)の数値が
高くなる病気です。

わたし達はブドウ糖(グルコース)をエネルギー源とし、
体を動かしています。

いわば、人間のガソリンのようなものですね!

しかし、この血糖が異常に高くなりすぎると、
すい臓から分泌されるインスリンという物質が
少なくなってしまうことで、

血糖がエネルギー源として使われずに血液中に
大量にたまってしまうことで糖尿病になります。

インスリンとは、血糖を活動エネルギーに変える作用や、
血糖を下げる作用があるのですが、

インスリンが作用しないことで体内にエネルギー
がいかなくなってしまう恐ろしい病気です。

自覚症状がないため、自身が気付かない内に
進行している可能性もあります。

2:糖尿病には種類がある

tounyou04

糖尿病には大きくわけて、3つの種類に分類されます。

・1型糖尿病
⇒インスリンを作るすい臓のβ細胞が壊れており、
 インスリンを体外から補給しなければならない。
 子どもや若年層に多い。

・2型糖尿病
⇒日本では95%近くがこのタイプ。
 食事やストレス、運動不足などの生活習慣が
 原因となる場合が多く、検診などで指摘されて
 気付くことが多い。

・妊娠糖尿病
⇒妊娠中に一過性の糖尿病になるもの。
 母体が高い血糖値のままだと、
 胎児も高血糖のままになってしまう。

また、血縁者が糖尿病の場合、遺伝する傾向があります。

しかし、感染病ではないので、他者に感染させることは
ありません。

3:糖尿病の治療

tounyou01

糖尿病は、主に薬物療法、食事療法、運動療法などが
メインになります。

医師から指示され、減量を行うケースもあります。

また、インスリンを自己注射で補給するという
治療法もあります。

「自分で注射!?」と怖くなってしまいますが、
子どもでも出来る簡単なものでそれほど怖いもの
ではありません。

糖尿病の治療にもっとも肝心なことが「自己管理」です。

禁煙やカロリーを考えた食事を腹八分目に心がける、
適度な運動などで血糖値が落ち着いてくることもあります。

ただし、自身の管理が難しい場合は入院療法なども
ありますので、医師とうまく意思の疎通を図りながら、
自己管理を徹底することが肝心です。

4:糖尿病を予防するには?

tounyou05

糖尿病を予防するには、
下記のようなものが有効とされています。

・肥満にならないようにする。

・緑黄色野菜を摂るように心がける

・ストレスを溜めこまない

・禁煙

・適度な運動(ウォーキングやサイクリングなど
 日常的に続けられそうなもの)

・薄味を心がける

・自身の適正体重を知る

このようなことを念頭に置いておくことで
糖尿病を防げることが出来ます。

しかし、自覚症状がない病気ですので健康診断
血液検査を受けに行くことも忘れないでくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す