知っておくと役立つ!車のフロントガラスに付着した霜の正しい対策方法!

車で移動する際に、冬場に悩まされるのが
「フロントガラスについた霜」ですよね。

間違った霜の落とし方をしていると、
フロントガラスが傷ついてしまったり、
かえって凍結してしまう可能性があります。

今回は正しい、車の霜対策をご紹介したいと思います。

Sponsored Link


1:お湯をかけるのはNG

simo03

お湯をかけると霜が溶けるので、
すぐに車を動かせると思っておられる方がいますが、
これは間違った霜の落とし方です。

いくら車用のガラスで特殊加工をされているといっても、
熱で膨張してしまい破損する原因になります。

例えば、ガラスの器に熱湯を注げば…
どうなるかは想像がつきますよね?

車も同じです。

お湯をかけるのは早い方法ですが、
安全上お勧めできません。

但し、ぬるま湯程度でしたら問題はないので、
車内エアコンを使いながらぬるま湯
垂らしてみるのも効果はあります。

2:ワイパーとウォッシャー液で削らない

ワイパーとウォッシャー液で霜を削ろうとする方もいますが、
これはワイパーの破損原因になる以外にもフロントガラス
傷つけてしまう可能性があります。

どうしても霜を削りたい場合は、霜を削るスクレーパーなどで
優しく削るようにするといいでしょう!

3:霜よけスプレーを塗布する

simo01

カーショップなどでは、霜よけスプレー
霜溶けスプレーなどが300円~500円程度
販売されています。

事前にスプレーをかけておくのもいいですし、
霜が降りた時に溶かすためスプレーを使うのも
効果的ですよ!

また、ディーラーや整備士がいるガソリンスタンド、
カーショップなどでガラスのはっ水加工を施しておくと、
霜がつきにくくなるなどのメリットもあります。

4:出発したい5分前に車のエンジンをかける

simo04

今はエンジンスターターなどもあり、
部屋にいながら車のエンジンをかけることが出来ます。

エアコンを最大にしておき、エアコンの吹き出し口を
デフロスター(フロントガラス部分に空気が当たるようにする)にし、
外気導入に設定しておきます。

すると、5分も経たない内に車が温まり
霜も溶けていることがあります。

翌日の冷え込み具合をチェックしておき、
霜がびっしりついてしまいそうな時はワイパーを立てておき、
出発前に車を温めるといいですよ。

乗る際も寒い思いをせずに済むのでお勧めです。

5:バスタオルや専用のマットをフロントガラスにかけておく

simo02

前日の内に、フロントガラスにバスタオル数枚や毛布などを
かけておくのも霜がつかないのでお勧めです。

「風で飛んでしまいそう」と不安な方は、
バスタオルなどをマグネットなどで止めて置くなどの
対処をしておくといいでしょう!

また、専用の「霜対策マット」なども販売されているので
こういったものをうまく活用することで朝の手間を
省くことも出来ます。

いかがでしたか?

寒い冬の朝に霜落としはとっても辛いものですよね。

霜が降りそうな季節になる前に、
ご自分に合いそうな対策を覚えておきましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す