湯豆腐のレシピ!とろとろの湯豆腐にする裏技?

私は小さいころ、夕ご飯に湯豆腐が出ると、
正直なところちょっとがっかりでした。

だって、お豆腐って淡泊で、あまり味がないし、
どっちかというと大人の食べ物、と思っていたんです。

yudohu03

でも今は、すっかり好みが変わり、
豆腐がとてもおいしく感じられます。

我が家の湯豆腐は、昆布でだしを取ったお鍋でつくります。

薬味は、平凡にお醤油と七味。

または四国産のポン酢でいただきます。

でももっといろんな味を試してみたい!ということで
湯豆腐のいろんなレシピを少し調べてみました。

Sponsored Link


究極の湯豆腐?

yudohu01

ある料理系の人気コミックに、
これこそ、究極という湯豆腐のレシピが載っていました。

利尻の昆布に切り込みを入れて、
お豆腐をのせ、強火で煮るそうです。

少し、ぶくぶく、と沸騰したら食べころ。

薬味は、シンプルにゆず、生姜、かつおぶし。

豆腐がふっくら、やわらかくて美味しい!
と絶賛してありました。

思ったほど難しそうではないですよね。

結構、手軽にできそうなので、
良い素材を揃えて、一度試してみたいですね。

他の家庭ではどんなレシピでつくっているのでしょう?

湯豆腐のレシピいろいろ

yudohu02

ある家庭のおすすめは、お豆腐がとろとろになるように
裏技として、お鍋にすこし重曹を入れるそうです。

その量、小さじ一杯ほど。

ゆですぎると、どろどろにお豆腐が溶けてしまうので要注意。

たれも一工夫できます。

醤油にみりん、お酒をいれてひと煮立ちしたもの、
めんつゆとごま油で作るたれも絶品だとか。

薬味もいろいろ変えて味の変化を楽しみましょう。
柚子こしょう、長ネギ、もみじおろし、青しそ、ごまだれ、などなど。

大根おろしや刻み納豆も合いそうです。

湯豆腐の鍋にタラなどの白身魚や、しめじなどのキノコ類
入れたら、また違った趣向の湯豆腐を味わえますね。

さあ、あなたのアイデアで美味しい湯豆腐作ってみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す