根より栄養があるカブの葉レシピ!簡単カルシウム補強に!

今が旬の野菜の一つにカブを挙げることができます。

一年中、出回っている野菜ですが、実は11月から1月
寒い期間、最も甘みが増し、美味しくなります。

今日は一般的なカブといわれる、小カブについて。

でも、ちょっと変化球。なんと、カブの葉っぱの部分
今回はスポットライトを当てて、集中的に調べてみました。

Sponsored Link


どっちのほうが栄養あるの?なんと、葉の部分!

kabu01

実は、普段わたしたちが口にする根の部分より、
葉っぱの部分のほうが栄養たっぷりなのはご存知でしたか?

え~、今まで捨ててたよ・・・という声が聞こえてきそうですね。

カリウム、マグネシウム、カルシウム、ビタミンCとE
多さは、根の部分より葉っぱのほうに軍配が上がります。

カルシウムに至っては、葉っぱの部分のほうが、
はるかに豊富。

次回、スーパーでカブを購入される時は、
葉っぱがシャキッとしていて、
いきいきしているものを選んでください。

もし、しなびていたら
それは収穫してから、時間が経過している証拠です。

それでは、新鮮なカブの葉っぱが手に入ったら、
こんなレシピがありますよ。

是非、試してみて。

美味しく葉っぱを食べて、簡単カルシウム補強

kabu03

カブの葉っぱを小さく刻んでください。

フライパンでしんなりするまで火を通します。

この間、水分が出てきますので、気長にいためて
水分を飛ばしてください。

その後、しょうゆ、みりん、砂糖、お酒、ごま油 (各小さじ1杯)
作った、たれを上から注ぎいれ、ざっくり混ぜで完成です。

お好みで、干しエビ、しらす、いりごま、鰹節、竹輪、油揚げ
入れても美味しいです。

チャーハンに混ぜたり、おにぎりにしたり、
お弁当のおかずにも。

白いご飯にピッタリの簡単レシピ。

普段だったら、捨てていたかもしれない部分で、テーブルの上に
もう一品プラス。

美味しい旬の味を楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す