簡単にできてしまうポトフのレシピ!おなかも心もほっこり!

フランスの家庭料理の代表といえば、ポトフ

寒い冬の間、身体を芯からぽかぽか温める料理といえば、
日本では、鍋料理かおでんですが、フランスでは
ポトフっていう感覚でしょうか。

冷蔵庫にあるもので、残った野菜をかき集めて
簡単にできてしまうポトフ、レシピを調べてみました。

Sponsored Link


一皿でたっぷり野菜が食べられるポトフ

pot-au-feu01

まず、お鍋にオリーブオイルをひいて、
お肉や野菜を炒めると味に差がつきます。

野菜は、玉ねぎ、セロリ、ニンジン、
じゃがいも、キャベツ、カブなど。

お好みで大根やブロッコリー、カリフラワー、
にんにくなどを入れることができます。

一皿で何種類も野菜制覇できるので、
体にとってもやさしいですね。

お肉は鶏肉でもよいし、牛肉、または厚切りベーコンでも。

ソーセージもありですが、
この場合はポトフが出来上がった最後のころに入れましょう。

水分を吸って、ブクブクになってしまいます。

pot-au-feu04

そして、ジャガイモは大きめに切っておきましょう。

小さいと煮崩れしてしまうからです。

キャベツやブロッコリーなどはすぐ火が通るので、
スープが沸騰してからで大丈夫です。

肉と野菜を軽く炒めたら、かぶるくらいのお水を注ぎます。

アクをこまめに取り除き、煮込みましょう。

そして、コンソメ、ローリエ、オレガノ、
ブラックペッパー、塩で味付けします。

仕上げにバターを一切れ落とすと、
コクが出て風味も増しますよ。

お肉と野菜に火が通ったら、出来上がりです。

おなかも心もほっこり、あったかポトフの夕食

pot-au-feu02

出来上がったら、私はディジョンのマスタードと一緒に
食べるのが好きなんです。

野菜がごろごろ、お肉も入っているので、
これ一皿で十分食べ応えがあります。

赤ワインとあつあつポトフ、
美味しいと評判のベーカリーで調達したバゲットで、
素敵なメニュー完成です。

スポンサードリンク

コメントを残す