トランス脂肪酸とは?食品は?マーガリンに?

最近よく耳にする「トランス脂肪酸」って
一体どんな食品に入っていてどう私たちの体に
影響があるのでしょうか。

tra07

少し調べてみました。

Sponsored Link


トランス脂肪酸とは?

トランス脂肪酸とは、不飽和脂肪酸の一種です。

tora01s
(図:農林水産省HPより)

こちらの図のように、天然の不飽和脂肪酸は「シス型」
といい、炭素(C)の二重結合をはさんで水素原子(H)が
同じ側についています。

tra02s
(図:農林水産省HPより)

一方、トランス脂肪酸は水素原子(H)が反対側についています。

別名「狂った脂肪酸」とも呼ばれています。

トランス脂肪酸はどんな食品に含まれるの?

tra04

常温で液体の植物油を「水素添加」という技術によって
固体に加工するとトランス脂肪酸が生成され、
身近なところではマーガリンショートニング
揚げ油などとして使われます。

これらを原料にして作られた菓子パンケーキ
冷凍食品の揚げ物などにも当然トランス脂肪酸
含まれるというわけです。

トランス脂肪酸を摂り過ぎるとどうなるの?

tra05

ではトランス脂肪酸摂り過ぎるとどんなことが
懸念されるのでしょうか。

トランス脂肪酸は、善玉コレステロールを減らして
悪玉コレステロールを増やすという研究結果が報告
されており、過剰に摂取すると、心臓病ガンなどの
リスクが高くなってしまうと言われています。

tra03

ですので、欧米諸国では食品へのトランス脂肪酸
含有量の表示や規制が大変厳しくなっています。

しかし日本では、トランス脂肪酸の摂取量を、
総エネルギー摂取量の1%未満とするように、
との勧告にとどまっているため、食品メーカー各社の
対応はまちまちというのが現状です。

tora06

普段、菓子パンケーキ、アイスクリーム、カップ麺、
フライドポテト、ピザ、マヨネーズ、
クリーム入りコーヒーといった食品を好んで食べている人は、

毎日の食事が自分の身体を作っているという
意識を強く持って、いま一度ご自身の食生活
見直してみる必要があるかもしれませんね。

スポンサードリンク

コメントを残す