春の花のチューリップ、水仙、パンジーは?花言葉は?花の色豆知識!

さてそろそろがやってきますね。

そんな春ですが皆さん春に咲くお花
どんなものがあるかご存知ですか?

そんな春の花について調べてみました。

Sponsored Link


春の花って何があるの?

春の花にはおよそ60種類ほど
あります。

全部は紹介しきれませんので
有名なものを紹介しますね。

springflower02

まずはチューリップです。

チューリップはユリ科で
4月から5月に咲きます。

色は6色あり、白、赤、紫、黄、桃、橙
とあります。

花の咲き方にも種類があり
ダーウィン系、ユリ咲き、八重咲き
フリンジ咲きなどがあります。

springflower04

次に水仙です。

水仙はヒガンバナ科1月~4月
咲きます。

色は3色あり白、クリーム、黄とあります。

球根植物の中でも育てやすいのが
魅力で放任しても毎年花を咲かせ
自然に花を咲かす丈夫な植物です。

springflower05

次にパンジーです。

パンジーはスミレ科11月から5月まで
咲きます。

色は11色ほどあり、紫、青、藤、黄、橙
桃、茶、赤、白、黒、複色とあります。

花色が豊富で花つきがよく、また
開花期が長く春を代表する花です。

あとはマーガレット、マリーゴールド
ラベンダー、ペチュニア、スイートピー、
デージーなどがあります。

春の花の花言葉は?

先ほど紹介した花の花言葉
紹介しますね。

springflower08

チューリップの花言葉は
「博愛・思いやり」ですが
実は色によって花言葉が異なります。

赤いチューリップは「愛の告白」です。

では告白するときは赤いチューリップが
いいんですね。

桃色のチューリップは
「愛の芽生え・誠実な愛」です。

やわらかい桃色のチューリップなので
初々しさを感じさせますね。

橙色のチューリップは「照れ屋」です。

黄色のチューリップは「実らぬ恋・正直」
です。結構悲しい花言葉ですね。

白色のチューリップは「失恋・新しい愛」
です。

失恋をあらわすと同時に新たな恋の
始まりを象徴する再生の花です。

紫色のチューリップは「永遠の愛」です。

永遠の愛なんてとてもロマンチックですね。

springflower07

次に水仙の花言葉は「うぬぼれ」「自己愛」
です。

花言葉の由来は水鏡に映った自分の姿に
恋をして水仙になってしまった
美少年ナルキッソスの伝説
由来するそうです。

springflower06

次にパンジーの花言葉です。

パンジーの花言葉は
「もの思い」「私を思って」です。

花言葉って結構奥深くて
調べるとおもしろいですよね。

なかにはロマンチックなものが
あったり悲しいのがあったりと
沢山あって勉強になりました。

春の花の豆知識

springflower09

春に咲く花には黄色い花が多いそうです。

ハチやハエなどの昆虫は黄色い花
誘われやすいといいます。

日本で咲く花の中で1番多い色は
白色で2位が黄色で3位が「紫~青色」です。

花によっていろんな種類があったり
花言葉があったり
ただ鑑賞するだけのものではなくて
意味を考えたりするのも
大切だと思いました。

普段何気なく咲いている花にも
たくさんの意味があるんですね。

皆さんも鑑賞しながら
意味を考えてみませんか?

スポンサードリンク

コメントを残す