インフルエンザ脳症とは?症状は?ワクチンで予防できるの?

インフルエンザが流行する季節ですね。
お出かけには注意が必要です。

インフルエンザはご存じだと思いますが
インフルエンザ脳症はご存知でしょうか?

influenza04

2015年1月、長野県松本市の病院で
インフルエンザに集団感染し、

そのうち入院患者と女性看護師が
インフルエンザ脳症で亡くなったという
ニュースがありました。

子供におこるかもしれない
インフルエンザ脳症について
調べてみました。

Sponsored Link


インフルエンザ脳症とは?

influenza01

インフルエンザ脳症とはインフルエンザに
かかった1歳~5歳の幼児にみられる
重篤な疾患です。

けいれん、意識障害、異常行動など
急速に進行する神経症状がみられ

さらに血管が詰まったり
多くの臓器が機能しなくなり
その結果命にかかわる重篤な状態になる
疾患をインフルエンザ脳症・脳炎といいます。

脳症と脳炎の区別は難しいですが
一般的に脳内に直接ウイルスが
浸潤して炎症をおこす場合を脳炎といい

脳内にウイルスが検出されず
過剰な免疫反応が見られる場合に
脳症とされます。

インフルエンザ脳症の症状は?

influenza03

脳症の発症は急激でインフルエンザに
かかったその日から1~2日ほどで
発症します。

よく見られる症状はけいれん、意識障害、
異常行動などです。

けいれんは60%~80%に見られ
全身がガタガタ震えるような硬直性
多く持続時間は一定せず
短い場合は1分程度です。

熱性けいれんの場合もありますが
脳症の可能性もありますので
まず医療機関に連絡をしましょう。

意識障害は起きているのか寝ているのか
分からないような状態です。

呼んでも返事をしない、少しの痛みでは
反応しないような状態です。

この場合は寝ぼけている場合もありますが
症状がどんどん進むようだったら要注意です。

医療機関に連絡をしましょう。

異常行動は人を正しく認識できない、
自分の手を噛む、意味不明な言葉を
発する、ろれつがまわらないなどです。

このような症状があらわれたら
早めに医療機関に連絡をしてください。

インフルエンザワクチンは脳症を予防できるの?

influenza02

一時期はインフルエンザワクチンを接種して
いても脳症にかかる場合があります。

ワクチンは毎年接種を続ければ
だんだん免疫も高まりやすくなるので
積極的に接種した方がいい
いわれています。

脳症の発症が1~5歳頃に多い事を
考えると生後6か月頃から
接種してあげるといいと思います。

私の子供も最近インフルエンザ
かかってしまいつらい思いを
させてしまいました。

インフルエンザ脳症聞いたことは
あったのですがどんなものかを
知って怖い病気だなと思いました。

もし子供が脳症にかかってしまったら
と思ったらゾッとしました。

完璧な予防処置ではないですが
予防接種を受けさせようと思います。

皆さんのお子様もインフルエンザ、
インフルエンザ脳症にかからないように
予防してあげましょうね。

スポンサードリンク

コメントを残す