母の日に送りたい!プリザーブドフラワーとは?作り方は?長所と短所は?

皆さんは母の日は何を
プレゼントされますか?

だいたいお花が定番でしょうか?

そこで今回はプリザーブドフラワーについて
調べてみました。

Sponsored Link


プリザーブドフラワーとは?

preservedflowers04

プリザーブドフラワーとは生花や葉を
特殊液の中に沈めて、水分を抜いた
素材の事です。

プリザーブドフラワーの作り方は?

preservedflowers02

まず生花を選ぶことから始まり
結構生花選びは重要です。

プリザーブドフラワーにする生花は
葉っぱにハリがあり、しおれてないもので
花弁が肉厚でハリがあるもの
傷がないものを選ぶようにしてください。

生花を選んだら脱色液に漬けます。

そして花を取り出し潤滑液入りの着色液に
漬け花を乾燥させてできます。

これらは自宅でもでき、専用の
プリザーブドフラワーのキットもあります。

=>楽天市場でプリザーブドフラワー手作りキットを探す

難しそうに見えて専用の手作りキットがあれば
簡単に作れます。

プリザーブドフラワーの長所と短所は?

preservedflowers03

まず長所からご説明しますね。

プリザーブドフラワーは水を与える必要がなく
生花のようにすぐに劣化しません。

水を与えなくてすぐダメにならないのは
魅力的ですよね。

次に保存環境がよければ長い間、形を
維持することができます。

プリザーブドフラワーの一番の長所かも
しれませんね。

生花はすぐ枯れてしまうけど
プリザーブドフラワーは長持ちするので
いいですね。

あとは花粉アレルギーの心配がない事です。

お花が好きだけど花粉アレルギーっていう
方にはおすすめのものですね。

preservedflowers05

次に短所をご紹介します。

プリザーブドフラワーの短所は
販売価格が高い事です。

お花は小さいのに結構お値段は高いです。

これ可愛いなーと思って値段を見たら
結構高かった覚えがあります。

そして湿気に弱く強い紫外線があたると
少しずつ脱色してしまいます。

保存環境に気を使わなくてはなりません。

preservedflowers01

長所と短所がありますが、どちらを
取るかですよね。

でも母の日は年に一度ですから
感謝を込めてお母様にあげると
喜んでくれるかもしれません。

プリザーブドフラワーって可愛いですよね。

可愛いしお水をあげなくていいって
いうのは私にとってとても魅力的です。

なぜならかなりのめんどくさがりやなんです。

すぐお水をあげるのを忘れて枯らしちゃう
タイプです。

玄関などに置いておくだけでも華やかさが
増しますよね。

私も母の日にプリザーブドフラワーを
プレゼントしたことがあります。

結構お値段が高いですがいつもの感謝を
込めてプレゼントしました。

母は喜んでくれましたので購入したかいが
ありました。

やっぱり喜んでくれると嬉しいですよね。

皆さんもお花好きのお母様に
感謝を込めてプリザーブドフラワーを
プレゼントされてはいかがですか?

スポンサードリンク

コメントを残す