アネモネとは?花言葉は?ギリシア神話にアネモネの由来?

アネモネと言う花を知っていますか?

春に咲く花の一つで一重から八重、
色も桃・青・赤・白などたくさんあります。

anemone05

丈も様々ありますので園芸品種としても親しまれています。

Sponsored Link


アネモネとは?花言葉は?

anemone03

和名はボタンイチゲ(牡丹一華)、ハナイチゲ(花一華)などと言い
その名の通りとても鮮やかな花ですが、綺麗な花にはがある!

全ての種類にプロトアネモニンと言う毒成分を含みますので
汁に触れると皮膚炎や水泡、化膿を起こす事があります。

園芸を楽しむ時や、切り花にする時は手袋をするなど
手を保護するようにしましょう。

花言葉は

「はかない夢」
「薄れゆく希望」
「はかない恋」
「真実」
「君を愛す」
「嫉妬の為の無実の犠牲」

ギリシア神話にアネモネの由来?

anemone01

ギリシア神話にアドニスと言う美少年がいました。

アドニスを見た美の女神アプロディティは恋に落ち
赤ん坊のアドニスを箱に入れると
冥府の女王ペルセポネに預けます。

しかし、ペルセポネもアドニスの美しさに恋してしまいました。

アドニスが成長しアプロディティが迎えにきた時、
渡したくないペルセポネと争いになりました。

天界の裁判所が審判を下し一年の3分の2を
アプロディティの元で過ごす事になりました。

この結果に不満を持ったペルセポネはアプロディティの恋人で
軍神のアレスに告げ口してしまいます。

怒ったアレスはアドニスを殺してしまいました。

この時アプロディティは大いに悲しみ
アドニスが流した血からアネモネの花が咲いたと言われています。

anemone04

アネモネに毒があり、花言葉になんとなく影があるのも
納得できるような気がしますね。

しかし、アルメニア共和国と言う国では国花として
親しまれているのですよ。

世界中で120種、日本でも10数種類が自生するアネモネ。

アネモネだけの花束でも充分可愛らしく春を感じる事ができます。

とても育てやすい品種でもありますので、
今年の秋にはアネモネの球根を植えてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す