離乳食の進め方!育児書や先輩ママ達の声は目安!標準にとらわれずに!

生後半年くらいから始める離乳食。

果汁や重湯などから少しずつ固形物へと進めて行きます。

Sponsored Link


育児書や先輩ママ達の声を鵜呑みにするのは危険?

rinyusyoku03

その過程で参考になるのが育児書や先輩ママ達の声です。

しかし、どんな情報も鵜呑みにするのは危険です。

なぜなら、子供はみんな一緒ではないから。

その子に合わせた離乳食の量や進め方を見極める事が
一番大切な事です。

つまり、雑誌や先輩ママの言葉はあくまでも「目安」
考えるようにしましょう。

離乳食にも様々な悩みが?

rinyusyoku01

「ウチの子10か月なのにしっかりと潰さないと
野菜を食べてくれないの」

「離乳食を見るだけで嫌がって暴れてしまうんです。
ミルクなら喜んで飲むのに」

なんて悩みのあるママさん沢山いますよね。

逆に

「まだ10か月なのに大人用のうどん
一人で食べてしまいます・・・」

「よだれ垂らしてご飯頂戴コールするから
のんびり食事出来ないです」

なんて悩みのあるママさんも沢山います。

離乳食の標準にとらわれずに!

rinyusyoku02

どちらの悩みもこの時期にはこのくらいの量で
こんな離乳食を食べさせましょう。

と言う「標準」に囚われているから起こる事です。

育児番組でも「標準の量・標準の進め方」
推奨され取り上げられます。

しかし、大人だって体の大きな人もいれば
小さな人もいます。

良く食べる人も小食な人もいます。

赤ちゃんだけみんな同じなわけないですよね。

たくさん食べる子は体が大きくなります。

標準より大きくなっていく体にびっくりするでしょうが
歩き始めると一気にスリムになります。

あまり食べない子は体力をあまり使っていないのかも
しれませんね。

歩き始めたり集団生活が始まるとたくさん動くので
お腹が空いてたくさん食べるかもしれません。

「うちの子はこれが標準!元気だから問題ない!」

と割り切る事が出来れば離乳食もぐっと楽しくなりますよ♪

スポンサードリンク

コメントを残す