子供の視力低下!近視の原因は?生活習慣で近視化が進む?

昔に比べて視力の悪いと言われる子供が増えています。

そもそも視力が低下するとはどういった事なのでしょう。

Sponsored Link


視力が低下するとは?

kinshi04

目が悪いとは二つに分けられます。

近くは見えるけど遠くは見えないと言われる「近視」。
遠くは見えるけど近くが見えない「遠視」。

小学生ころから増えるのが「近視」です。

近視の原因は?

kinshi01

その原因は親からの遺伝や生まれつきの「遺伝説」と、
目の使い方や生活習慣が原因の「環境説」の二つがあります。

その両方が作用して20代前半くらいまで視力の低下が
進みやすいと言われています。

調度体が成長する時期ですよね。

視力がいいと言われる人の目と視力が低下している人の
目にはどのような違いがあるのでしょう。

身体が成長するのと同じように眼球も成長します。

そのため水晶体と網膜の間の距離が長くなり焦点が
ずれてしまいます。

子供の目はもともと遠視傾向にありますので、
ずれた焦点がちょうどよくなると調度いい焦点になり
見やすい目を手に入れる事ができるのです。

しかし、もともと遠視でなかった場合(遺伝や生まれつきで)、
ずれた分だけ近視になってしまうのです。

生活習慣で近視化が進む?

kinshi02

しかもこの時期は学校や塾などで勉強をしますよね。

テレビゲームやスマホ、読書など目の負担になる生活を
多くする子もいるでしょう。

この習慣が目に更なる負担をかけて近視化が進む
と言われています。

近視の予防には目を酷使しない生活と目に必要な栄養
を摂取する事です。

眼精疲労は大人だけではありません。

長時間のゲームの禁止。
スマホの使用時間を制限する。
暗い場所で読書をしたりテレビを見ない。

など目に負担になるような事を出来るだけ制限して、
バランスの良い食事を心がける。

などしっかりと栄養を摂るようにさせましょう。

kinshi03

ゲームやスマホは子供にとっても大人にとっても
魅力的な媒体です。

現代では学校での会話についていけない事もあります。

しかし、少し厳しくても視力の低下を抑えるためには
必要な処置だと思いしっかり子供と話し合ってみて下さいね。

スポンサードリンク

コメントを残す