子供を味覚音痴にさせないためには?

「今日の晩御飯何が食べたい?」

お子様に聞いた時、どんな返事が返ってきますか?

「ハンバーグ!」
「カレー!」
「オムライス!」
「スパゲッティ!」
「唐揚げ!」

など小さい頃、自分も好きだったメニュー
リクエストされますよね。

Sponsored Link


子供の好きな料理の共通点とは?

koubutsu01

子供がリクエストしてくる料理にはある共通点が
あります。

それは

「味が濃いもの」

濃い味は味覚を刺激し美味しく感じます。

それと同じくらい濃い味は味覚を狂わせる効果
あります。

また、栄養のバランスが崩れがちになるメニューも
大好きですよね。

子供達の好きな料理を食べさせたいけど、
味覚音痴は困りますし、
しっかりと栄養も取って欲しい所。

子供を味覚音痴にさせないためには?

koubutsu02

特に味覚音痴は大人になった時に恥をかく
可能性もあります。

そんな時はサイドメニューやスープ、
具材でバランスを取りましょう。

例えばハンバーグやオムライス・スパゲッティには
コンソメスープを付ける。

コンソメだけだと味が負けてしまうので沢山の野菜
入れて長めに炊きます。

すると野菜の甘みが出てメインに負けないスープが
完成します。

カレーは具材を大きく切るといいでしょう。

じゃがいもやニンジンを「感じる」事で
スパイスに負けないカレーになります。

どうしても具材が大きい事が苦手なら
野菜のマリネを付ける事をお勧めします。

koubutsu03

唐揚げなどには五目御飯やお味噌汁などを付け
和食セットにしましょう。

お味噌汁にはほうれん草やワカメなど
シンプルなものを選ぶと五目御飯が
薄味でも「味気ない」とは思いません。

全ての食事において重要視してほしいのはバランスです。

特に成長期の子供たちは野菜を嫌がる傾向にありますが、

子供達が好きなメニュー
 プラス
主役をサポートする薄味のメニュー

味覚音痴にさせず、
成長を促してあげられる食事を心がけましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す