赤ちゃんの乳歯が生えたら始まる虫歯との戦い!オーラルケアを!

子供の乳歯は生後3ヶ月ごろから9ヶ月ごろまでに
生え始めます。

小さなかわいい歯がお目見えしたら「虫歯」との戦い
始まります。

Sponsored Link


赤ちゃんの乳歯が生えたら始まる虫歯との戦い!

babycare02

乳歯は永久歯に比べてとても小さく柔らかいです。

エナメル質が永久歯の半分ほどしかないため
虫歯の進行も早くなります。

そのため歯が生え始めるとすぐにオーラルケア
始めなければいけません。

乳歯は抜けおちるからオーラルケアはそこそこで
いいんじゃない?

なんて事考えていませんか?

赤ちゃんの頃からオーラルケアを!

babycare01

確かに歯磨きを嫌がる小さな子供さんは多いですよね。

しかし、乳歯のケアはそのまま永久歯に
影響してきます。

虫歯が出来ると当然歯が痛みます。

歯が痛いと上手に噛む事が出来なくなります。

顎は「噛む」と言う動作によって強くなっていくのですが、
虫歯によって噛む事が出来ないと顎が発達せず大きな
永久歯が生えて来た時歯並びが悪くなってしまいます。

歯並びが悪いと歯磨きをしても磨き残しが多くなりますので、
結果永久歯が虫歯になる可能性が高くなります。

また、よく噛まない事は唾液の分泌も妨げてしまいます。

唾液が分泌されない、食物が大きなまま胃に流し込まれる。

するとしっかり消化する事が出来ず栄養の吸収が
悪くなってしまいます。

更に硬いものを嫌がるようになり偏食の原因にも
なります。

嫌がる赤ちゃんに歯磨きをするには?

3歳までは前歯の裏側が虫歯になりやすく、
3歳を超えると奥歯が虫歯になります。

嫌がる赤ちゃんにはまず、
歯ブラシをオモチャとして与えてみましょう。

ブラシが口の中に入る感覚を覚えてもらうことが重要です。

慣れてきたら歯磨き開始です。

この時、「絶対虫歯にするかぁ!!」と意気込んで
歯磨きしないで下さいね。

下を向いたママの顔は重力のかかり方でいつも赤ちゃんが
見ているママと違います。

怖い顔で迫るのではなく笑顔で歌を歌いながら
楽しく歯磨きしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す