スイカには夏に嬉しい成分がたっぷり入っている?

夏になると食べたくなる果物?野菜?のスイカ。

スイカの事をもっと知ると今年のスイカ消費量が
増えるかもしれませんよ。

Sponsored Link


スイカは野菜?果物?

suika01

スイカは園芸分野では野菜となっていますが、
青果市場や栄養学上の分類では果物とされています。

原産はアフリカ。

西から伝わった瓜なので「西瓜」と書かれます。

ちなみに南から来たかぼちゃは「南瓜」ですね。

スイカの90%は水分。

カリウムやマグネシウムなどのミネラルやビタミンAや
葉酸、ビタミンCなどのビタミン類、
糖類、微量ながらも食物繊維も含まれています。

一番多く流通しているのは丸く果実の赤いスイカですよね。

他にも楕円形のスイカや種のないスイカ、
果実が黄色のスイカなど日本で栽培されている品種だけでも
数えられないくらい沢山あります。

スイカには夏に嬉しい成分がたっぷり入っている?

suika03

そんなスイカですが、見て分かるように夏に嬉しい成分が
たっぷり入っています。

夏バテした体に嬉しい「水分」。

塩分が溜まり浮腫みやすい人には「カリウム」
浮腫み解消。

また疲労回復効果もあると言われています。

赤色のスイカにはβカロテンも含まれていますので
抗発がん作用などもあります。

また体内でビタミンAに変わりますので髪や皮膚の健康維持、
喉や肺などの呼吸器系を守ってくれます。

リコピンにはアンチエイジング効果が、
シトルリンには血流を改善する効果があります。

suika02

ただの水分の塊のようなスイカですが、
実はこんなに夏に相応しい果物だったのです。

赤色スイカの場合、一日200gほど食べる事が
望ましいとされています。

一日200gと言えば結構な量に感じますが
数回に分けて食べるとあっという間ですよ。

お風呂上がりの水分補給の代わりに、食後のデザートに。

一口大にカットしたスイカを冷蔵庫に常備
しておいて気軽に食べて夏を越えましょう♪

スポンサードリンク

コメントを残す