日本人とお米との関係は?お米の等級とは?

日本人の主食である「米」。

丁寧に「お」を付けて「お米」と呼ばれます。

偶然数日お米を食べない日が続くと何となく
恋しくなりませんか?

毎日パンだと飽きるけど毎日お米は大丈夫
と言う人も多いでしょう。

Sponsored Link


日本人とお米との関係は?

rice03

日本人が初めて口にする食べ物もお米の場合が多いです。

重湯に始まり10倍粥・8倍粥とどんどん白米に
近づきますね。

日本では約300種類以上の品種が栽培されています。

コシヒカリやあきたこまちが有名ですが、
日々品種改良がおこなわれていますので
10年後にはどんなお米が有名になっているか分かりません。

日本のお米は「ジャポニカ米」と言うデンプン質を
多く含む粘り気のある種類です。

炊くか蒸す事で食す事が出来る品種で
寒冷地方での栽培に適しています。

秋田や新潟が米どころと呼ばれるのも気候が
関係しているのです。

他にも「インディカ種」「ジャバニカ種」がありますが、
3つの中で一番「白米」に向いているのが
「ジャポニカ種」です。

チャーハンにはインディカ種がパエリアには
ジャバニカ種が適していますので
それぞれの地域でよく消費されています。

お米の等級とは?

rice01

日本で生産されるお米には「等級」が定められます。

無作為に選んだ玄米の中に含まれる含有水分量や
形の整った米の量により分類され
等級の高いお米はブランド米として流通します。

有名なお米達はほとんどが1級のブランド米。

それ以上の等級になると生産量の少なさなどから
市場に出回らない事が多いですので
口に出来る事はほとんどないでしょう。

お米は秋に収穫され保存されつつ売られています。

秋口に出る「新米」と夏に店頭に並んでいるお米は
低温保存されていてもその水分量が違います。

rice02

そのため美味しいお米を年中食べようと思うなら
調理の際の水分量などに注意するといいでしょう。

新米は少し水を少な目に、春先くらいのお米から
炊く時にを炊飯器に入れると新米に劣らない
美味しいご飯を食べる事が出来ますので試してみて
下さいね。

スポンサードリンク

コメントを残す