トランス脂肪酸とは不飽和脂肪酸!摂取率アメリカと日本との違いは?

アメリカで食品の添加が禁止になったトランス脂肪酸。

日本でもおなじみの食品に多く含まれている事
御存じでしょうか?

Sponsored Link


トランス脂肪酸とは不飽和脂肪酸!

trans02

トランス脂肪酸とは天然の植物油には
ほとんど含まれていない成分で構造中に
トランス型の二重結合を持つ不飽和脂肪酸です。

天然の植物油にはほとんど含まれていない=合成物質

つまり人工的に作られたものがほとんどと言う事です。

一定量以上を摂取すると悪玉コレステロールを増加させ
心臓疾患のリスクを高めるとして、2003年以降
様々な国で使用を規制する動きが出ています。

もちろん自然界に全く存在しないわけではありません。

ウシやヤギの肉や乳には含まれています。

しかし、その量はごく微量でそれらが含む脂質の
2%から5%ほどです。

trans03

人工のトランス脂肪酸を含むマーガリンやショートニングには
数%から十数%が含まれています。

例えばほとんどの家の冷蔵庫に常備されているであろう
マーガリン。

その80%ほどが脂肪です。

トランス脂肪酸は約15%。

100gのマーガリンを使用すると15gは
トランス脂肪酸と言う事になります。

トランス脂肪酸の摂取率アメリカと日本との違いは?

trans01

WHOでは一日に摂取するカロリーに対し
1%未満に抑えるように勧告しています。

日本は0.3%ほどとこの条件はクリアしています。

アメリカは2.6%ほど(日本の8倍以上!)となっていますので、
添加禁止処置とされたのでしょう。

クリアしていても不飽和脂肪酸の低減を
発表している企業は沢山あります。

セブン&ホールディングス・フランソア・pasco・
モスバーガー・ロッテリア・ミスタードーナツ・
ケンタッキーフライドチキン・ブルボン

などなど。

日本が世界に誇る「和食」

和食にはマーガリンやショートニングは含まれておりません。

トランス脂肪酸だけでなく健康的な食事として
注目される食事ですので積極的に食べるようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す