知らないと損をする!雇用保険とは?育児休業給付は?

会社に所属すると「厚生年金」「雇用保険」
加入するかと思います。

しかし、それぞれの役割をちゃんと把握できている人は
どのくらいいるでしょう。

Sponsored Link


雇用保険とは?

koyohoken01

雇用保険とは厚生労働省が定める
「労働者の生活と雇用の安定の為の保険」です。

以前は「失業保険」と呼ばれ、倒産や解雇・自己都合
などにより仕事を失った時、次の仕事に就くまでの間
一定割合の給付金が受けられる制度でした。

現在では仕事を失った・もしくは現在働けない状況に
ある人だけでなく、日雇い労働者の為の保険や、
育児・介護のため仕事に付けない人のための保険なども
適用されています。

育児休業給付も雇用保険の一つ!

koyohoken03

結婚・出産しても働きたい女性が嬉しい
「育児休業給付」も雇用保険の一つです。

産後8週がすぎた日から子供が1歳になる前日まで
支給される給付金で要件を満たせば1歳6ヶ月まで
保障されます。

産後同じ会社に復帰する事が前提となっておりますので、
社会復帰する予定でも同じ会社に戻らない人には
適応されません。

また、産前2年間で11日以上出勤した日がある月が
12か月以上ある事など色々な条件があります。

他にも家族の介護のために2週間以上仕事を休む場合に
適応される「介護休業給付」、自身が怪我などで仕事が
出来ない時に適応される「傷病手当」などがあります。

知らないと損をする?雇用保険制度!

koyohoken02

失業保険の手続きは本人がハローワークに出向いて
直接行いますが、それ以外の場合、本人が何もしなくても
会社が手続きをしてくれます。

「ここに印鑑をお願いします」
「ここに署名をして下さい」

など内容を読むことなく手続きが進み給与の何割かが
直接支給されますので詳しくなる事はあまりないでしょう。

しかし、技能習得手当や就職促進給付の移転費など
あまり聞かない手当は本人がしっかり理解していないと
受け取り期間が過ぎてしまう可能性もあります。

少々難しい制度ですが、ハローワークなどに行けば
詳しく教えて貰えますので
一度聞いて見ると色々勉強になりますよ。

スポンサードリンク

コメントを残す