センター試験といえば

5年後をめどに廃止を検討されている
大学入試センター試験2014も終わり、
2次試験の時期ですね。

センター試験の出来不出来で志望大学の合格が左右される、
そんな食事も喉を通らないような緊張感を味わったのは
今から10数年前です。

もう10年も経つことに自分でも驚いています。

それほど鮮明に、あの頃のことはよく覚えています。

Sponsored Link


私のセンター試験の舞台

center02

センター試験を受けたのは、地元の国立大学の1室でした。

そこは私の志望大学ではなかったのですが、
大学の敷地の広さに驚きました。

運良く私は新しく新設した講義棟の1室で、
大講義室で人数は多かったものの、広く明るい
暖かな部屋でした。

古い大学ですので、友人の中には狭く古くすきま風の
吹きすさぶ小講義室で受けた者もいました。

開始時間まで参考書を眺めるのですが、結局それは、
これまでの努力を自分自身で再確認するためだけの、
全く身にならない行為でした。

それでも誰もがその行動を止められないのです。

ざわつきながらも無駄話をしているものはほとんどいない、
緊張感の張り詰めた空間でした。

センター試験の魔物

center04

センター試験2013の国語はとても難解でしたね。

私の得意科目でしたので解いてみたのですが、
現役のような点数は到底出るはずもなく、
この国語に当たった受験生は大変だったことと思います。

当時は190点台を出したのですが。

センター試験には魔物がいると言われ、
私は魔物にあったことがないのですが、
学年トップの男子が答え合わせで頭を抱え、

有名国立確実を言われた女子が答え合わせの
時間に過呼吸で倒れ、運ばれていました。

今年はどんな魔物がいたのか。

問題をゆっくり見てみようと思います。

センター試験の対策

center01

私は予備校に通っていなかったし、
高校が夏休みを授業に当てる、
そんな学校でしたので、対策と言っても
偉そうなことは言えないのですが、

センター試験に関しては、回数をこなすことが
大事だと思います。

私の高校は入るとすぐに1年生からセンター試験
問題を解かせます。

勿論燦々たる点数です。

少しづつセンターへの慣れを体に覚えさせていく
指導方法でした。

予備校には行かなくても模試はたくさん受けさせられました。

それにしてもなぜ1年に1度なのか、
当時からずっと疑問でした。

2~3回あればいいのに。

スポンサードリンク

コメントを残す