結婚式のドレスの基本!やってはいけないコーデとは?

秋のブライダルシーズンを前に結婚式の招待状が
来ていませんか?

友達が結婚するのは喜ばしいことですが、
女性はここからが大変です。

主役は友達。

どんなドレスにしたらいいのでしょう?

同世代だけでなく新郎新婦のご両親にも好印象を
与える事ができるドレスの基本をご紹介します。

Sponsored Link


・過度に胸元や背中が開いたドレスやミニスカートは×!

dress02

新婦が「花」

ゲストは「引き立て役」です。

目立たないようにしましょう。

ドレスアップに気合を入れすぎてセクシーな
イブニングドレスをチョイスすると
「視線を集めます」

決して「綺麗」「セクシー♪」と思われているなんて
勘違いしないで下さいね。

「・・・空気読めない?」「ありえない」
の視線ですから。

・白・オフホワイトなど白系は×

dress01

純白に限らず「白」に見える色は新婦だけに
許された色です。

特例でフラワーガールやリングガールを務める
子供達だけ。

オフホワイトやクリーム色など写真に写った時に
白く見える色も外すようにしましょう。

「白じゃない!クリームよ!」なんて言い分は
「イタイ」です。

・ファーや皮、アニマル柄は×

動物を連想させるアイテムも×です。

殺生を連想させると言われて冠婚葬祭の場では
全て嫌われるアイテムですので「フェイクファー」
だとしても使用しないようにしましょう。

しかし、式場が寒い事もありますし肩の出たドレスを
着用する事もありますのでストールやボレロを1枚
持って行くと便利です。

どんなドレスがいいのか分からずに店員さんに相談した
結果アウトなスタイルになる事もあります。

「今はファーもアリですよ~」
「この淡いピンクがお似合いです♪」

なんて話を鵜呑みにして当日恥をかいたなんて話が
多々あります。

特に若い店員さんほど冠婚葬祭にうとい事も・・・。

しっかり自分でマナーを身に着けてドレスを選ぶように
しましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す