ソムリエとは?資格は?試験は?

ソムリエと聞くと、誰もが、ワインに詳しいワインを
選んでくれる人のようなイメージを思い描くと思います。

ソムリエが一般的に知られるようになったのは
ここ10数年の間ではないでしょうか。

Sponsored Link


ソムリエとは

somu04

漫画でもありますし、確かドラマ化もされたと思います。

そのせいで知られたのでしょうね。

私も途中まで読んだことがあります。

その中に、「ソムリエというのは樽を運ぶ男の意味だ」
と記述があったと記憶しています。

元々はそのように、ワインの運搬をしていた
名前だったのですが、その後フランスの王室
食事や飲み物を取り仕切っていたことから、
今のワインの専門職の名前になったようです。

もちろん日本にもソムリエは居て、
田崎真也さんなどが有名です。

以前TVで見たことがあります。

ソムリエの資格

somu01

ソムリエになるには試験があります。

私の同級生もソムリエを目指し試験を受けていました。

試験の受験料を銀行窓口に払込に来た時に、
私が受け付けたので知ったのですが。

その時に少し聞いたのですが、ソムリエになるには
試験を受けるために酒類を扱う職種にいなくては
ならないそうなのです。

気になって調べてみると、
日本ソムリエ協会というものがありました。

そこに記述がありました。

5年以上アルコールを扱う職に就いていなくては
ならないそうです。

他にも細々と規定があって、
すぐに受けられる試験というわけではないようです。

ソムリエの試験

somu03

どんな試験なのかと気になり、少し調べてみると、
1次試験が記述、2次試験がティスティングのようです。

記述はワインの管理とかワインの表現法
あとワイン産出国に関するものが多いようです。

ワインの表現法は独特で以前から面白そうだと思っていました。

火打石のような、とかベリーのようなという表現を
するのですよね。

現地の火打石がそういう香りがするからだという話ですが
本当なのでしょうか。

somu02

ティスティングというのは、利き酒のようなものだと思います。

ワインは香りもじっくり楽しむようですね。

何度もするのでなぜかと思っていたら、
空気に触れるとまた香りが変わるらしいです。

私は全く分かりませんが。

白と赤の区別くらいしかつきません。

ソムリエというのはとても繊細な職業なのだなと思います。

ワインを飲んだのは数年前で、
産後から私は全くワインが飲めなくなってしまったのですが。

ワインは奥深いそうなのですが、
奥どころか表面すら楽しめないことがとても残念です。

スポンサードリンク

コメントを残す