重曹・セスキ炭酸ソーダ・クエン酸で掃除してみよう!

あなたは掃除合成洗剤を使用していますか。

ほとんどの方が市販の合成洗剤を使用している
と思います。

juso01

人にも環境にも優しい、重曹・セスキ炭酸ソーダ・
クエン酸などの天然素材を使用してみたいとは
思っていても、

・合成洗剤より洗浄力が劣る?
・どこにどの洗剤を使う?
・消臭効果や殺菌効果がある?

など、上記のような疑問点もあり、
なかなか手を出せず、今まで通り合成洗剤
使用し続けているのではないでしょうか。

重曹・セスキ炭酸ソーダ・クエン酸などは
近所のスーパーや100均ショップなどでも
気軽に買えます。

試しに買ってみたものの使い方がイマイチ
分からないのではもったいないですよね。

そこで、重曹・セスキ炭酸ソーダ・クエン酸
ついて簡単にまとめてみました。

Sponsored Link


重曹・セスキ炭酸ソーダ・クエン酸の違い

juso02

まず始めに重曹・セスキ炭酸ソーダ・クエン酸
3つの大まかな違いについて。

重曹とセスキ炭酸ソーダはアルカリ性
クエン酸は酸性

重曹よりセスキ炭酸ソーダの方がアルカリ性が
強いです。

肌が弱い方はセスキ炭酸ソーダとクエン酸を使用
するのに注意が必要な場合もあります。

お掃除をする上で

・酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤
・アルカリ性の汚れには酸性の洗剤

を使用するのが基本です。

それではそれぞれの特徴に付いてみていきましょう。

重曹:研磨・消臭・殺菌

天然素材系の洗剤で一番有名なのが重曹ですね。

重曹はアルカリ性なので酸性の汚れに効果を
発揮します。

酸性の汚れとは油汚れや皮脂汚れなどです。

キッチンの油汚れ・こげつきなどに研磨効果も
作用して綺麗にしてくれます。

また、消臭効果と殺菌効果もあります。

カーペットの掃除などにも使えます。

1つ難点なのは水に溶けにくいことです。

掃除をした後に水で流して綺麗にしたと
思っていても、乾燥した時に重曹の白い粉が
残っていることもあるので注意が必要です。

また、使えない場所としては
アルミ・畳・フローリング・木材・塗装面
などがあります。

セスキ炭酸ソーダ:油汚れ・洗濯・手垢に

セスキ炭酸ソーダは重曹より後に注目され、
市販の洗剤としても販売されていますね。

セスキ炭酸ソーダは重曹よりアルカリ性が
強いので洗浄力も重曹よりあります。

それでは重曹の代替えになるのでは、重曹は
必要ないと思われそうですよね。

しかし、重曹とセスキ炭酸ソーダでは性質が
若干異なります。

重曹は研磨効果があり、水に溶けにくいですが、
セスキ炭酸ソーダは水に溶けやすく研磨効果は
ありません。

油汚れには重曹・セスキ炭酸ソーダのどちらも
洗浄効果はありますが、研磨することによって
綺麗になるなどモノによって使い分けると
より効果を実感できます。

セスキ炭酸ソーダを使って掃除しては
いけない場所として
畳やカーペット、白木やフローリング、アルミ製など
があります。

クエン酸:トイレ・お風呂に

クエン酸は酸性なのでアルカリ性の汚れ
効果を発揮します。

アルカリ性の汚れとは水垢などです。

クエン酸と言えばお酢やレモンに含まれ
酸っぱいイメージがあるかもしれません。

あの酸っぱい効果は疲労回復にも良いと
いわれています。

そんなクエン酸は水回りの汚れや除菌作用・
消臭作用があります。

トイレやお風呂の汚れに使用しても効果的です。

また、電気ポットの水垢を掃除するのにも
よいでしょう。

また、クエン酸掃除の注意点として
使えない場所は
大理石・鉄製品アルミ製品タイルの目地
などです。

クエン酸の掃除では、手荒れが起きる場合が
あるので注意が必要です。

スポンサードリンク

コメントを残す