お盆にお供え物にするお菓子って何?日持ちするもの!親族でいただく?

子供の頃、夏休みになるとお盆だからと
言って、田舎に行く機会ってありましたよね?

先祖を供養するって言われても、当時は
何の事だかさっぱりわかりませんでした。

ただ、出されたお菓子やジュース
楽しみだった思い出はあります。

後になってわかりましたが、このお菓子類は
お盆のお供え物の残りだったんですね。

ところで、お盆のお供え物のお菓子って
何か決まりがあったんでしょうか?

記憶の中では、饅頭とか落雁とかあった
気がしますが、はっきりとは覚えていません。

少し気になったので、調べてみましょう。

Sponsored Link


お盆のお供え物:基本は、日持ちするお菓子を備えよう!

bonsonae01

お供え物
って言うと、和菓子のイメージ
がありますよね。

お饅頭、羊羹、落雁、おはぎ、ぼたもち・・・

実際にお供え物としては悪くないようですが、
いつも同じと言うのも気が引けますね。

故人が生前好きな物をお供えするのが
一番だとは思いますが
先祖となるとさすがにわかりようが
ありません。

お菓子と言っても、昔は選択肢が少なかった
と言う事も理由のひとつとして
昔ながらのお菓子がお供え物のメインとして
使われていたのでしょう。

bonsonae04

現在では、お菓子のバリエーション
広がっています。

特にこだわりが無ければ、好きなのを
選んでも良いのではないでしょうか。

夏の暑い時期を考慮すると、
日持ちするものが良いかも知れませんね。

昔、お墓参りに行った時に、お供え物が
腐ってた上に虫が集ってたのを見てしまい
トラウマになりかけた記憶があります・・・

そんなものを供えられては、
ご先祖様も可哀相ですよね(苦笑)

お供え物にするお菓子は、親族でいただく物

bonsonae02

お墓参りに行った時、墓石の前に
お供え物が置かれてますよね。

お盆が過ぎるまで、そのままにして置くのが
一般的ですが、今は衛生面を考えて、
あまり墓石の前に置かれる事は推奨されません。

自宅に仏壇がある場合は良いのですが、
炎天下に食べ物を置きっぱなしと言うのは
さすがに今の時代では、避けるべきでしょう。

お供え物は供えた後は、大体親族の方々で
いただく事になります。

後で食べる事を考えると、日持ちがする上で
皆で食べれる物を選ぶと良いでしょう。

bonsonae03

先祖に供えた物を食べると言うのに抵抗を
持つ人もいるでしょうが

お供え物の本来の意味は「共に供する」
と言って、「一緒に食べる」と言う意味の
ものです。

ですので、お盆の間は供えて、期間が
過ぎたらお供え物を下げて、皆で食べる、
と言う事が本来の意味で正しい事なのです。

ですので、お供え物を食べると言う事は、
正しい意味での供養になります。

これらのように、お盆のお供え物を考える
時は、その後の事も考慮すると、
日持ちが良くて、皆が食べれるもの
望ましいでしょう。

煎餅やクッキー、焼き菓子などから
缶詰のゼリー、水羊羹などが良いでしょう。

あくまで目的は先祖を供養すると言う事
なので、その点を忘れて
自分達が食べたいものだけを供える
なんて事にはならないようにして下さいね。

スポンサードリンク

コメントを残す