お盆のお供え!真言宗?浄土真宗?宗派によって違いはあるの?

8月の13日から16日4日間はお盆
呼ばれている期間です。

この期間は先祖や亡くなった方を供養する
期間となっています。

このお盆の時期に、親戚が集まって宴会
開いた経験は無いでしょうか?

ビールやお寿司などで賑わいながら、
久々に会った人達と話に花を咲かせていたり。

今でこそお盆は帰省の口実になったり、
同窓会のようなものになっており
供え物にあまりこだわりを見せなく
なってきつつあります。

元々はお盆のお供え物として食事を用意する、
御霊供膳と言うものがあるのです。

御霊供膳(おりくぜん・おりょうくぜん)
とはその名が示すとおりの
亡くなった方への食事の用意とも言うべき
精進料理です。

今回は、この御霊供膳についてお話したい
と思います。

Sponsored Link


仏教を由来とする精進料理

osonaezen01

この御霊供膳は中国より仏教伝来の精進料理
が基となっています。

つまり仏教の教えである、殺生や煩悩に
関する物を避ける事を主に調理された
料理なのです。

その為に、戒律に反する動物性の食材や
煩悩を刺激するネギ科の五葷(ごぐん)
と呼ばれる野菜これらの食材を使う事は
精進料理ではNGなのです。

ただし、時代や地域によっては、
その制限も変わっております。

基本的には、これらを除外した料理が
御霊供膳として出されます。

また味付けも時代や宗派によって個性があり、
食材にも違いがあります。

現代でも真言宗系の寺院は参拝客に仏門修行
の一環として、精進料理を提供する場所もあり
湯葉や湯豆腐などを使った、懐石料理然とした
精進料理を提供します。

一般の法事や葬式などでも、大勢の参会者
へのもてなしとして御霊供膳に懐石料理を
出す場合もあります。

宗派によって違いはあるの?

osonaezen02

基本的には御霊供膳の内容やお膳の並べ方は
どこの地域でも同じなのですが
宗派によって違う場合もあります。

例えば、真言宗の御霊供膳は最も一般的な
並び方の右手奥に主菜、左手奥に副菜ですが
日蓮宗の御霊供膳の並べ方などは、主菜と
副菜の位置が反対となっています。

浄土真宗にいたっては御霊供膳どころか、
位牌や水すらも必要ない程です。

ですので、お盆や法事などで仏様への
お供え物などを見るだけでも
宗派に違いがあるので、御霊供膳を用意
するのにも注意する必要があります。

最近では先祖供養や御霊供膳などは
地域性があるだけで厳格に行われる事が
少なくなってきておりますのでそこまで
神経質になる事は無いようにも思えます。

一番必要なのは亡くなった方を偲ぶ気持ち
ですから。

スポンサードリンク

コメントを残す