お彼岸料理!お供え膳?沖縄は他所とは違う?

お彼岸とは、春分の日と秋分の日に
それぞれを中日として前後3日間
計7日行う行事です。

春分の日と秋分の日の2回行われるので、
1年で2週間あると言う事になります。

元々は仏教を由来とした、彼岸と呼ばれる
悟りの国に思いを馳せると言う事から
始まった習慣で、日本独自の文化です。

お彼岸に出すお供え物として、
おはぎ・ぼたもちが挙げられます。

higanokinawa01

これらは春と秋の花の名前にちなんで、
お彼岸に供えられます。

お供え物とは別にお供え料理を出す習慣も
あります。

お彼岸に出す料理には一体どんなものが
あるのでしょう?

Sponsored Link


お彼岸のお供え料理・お供え膳

higanokinawa02

お彼岸のお供え料理には精進料理
お供え膳と呼ばれるものを用意するのが
通例です。

このお供え膳の内容は仏教の教えを遵守
しており、殺生を禁じている為に、肉や魚
などの動物性の食材の使用を一切禁止
しています。

当然卵などの使用も禁止されています。

その為に料理の内容は全て野菜や穀類
などに限定されています。

現在では例外とする地方もありますが、
全国的には野菜メインの精進料理
なります。

お供え膳は大体その季節の野菜を使った
料理となり和食の基本となる三菜一汁
構成となります。

日本の食卓の基本となる三菜一汁と食器
の並びは精進料理が元となっていた
のですね。

ところで、お彼岸料理に天ぷら
欠かせないと言われますが
この理由はご存知でしょうか?

野菜の天ぷらは「精進揚げ」とも呼ばれ、
精進料理でもよく登場する料理です。

元は天ぷらとは江戸湾で取れた魚介類を
揚げたものを呼び、それが各地に
広がっていきました。

ところが野菜だけを揚げたものは天ぷら
と呼ばれず、
肉や魚を使わない精進料理=精進揚げ
と呼ばれたと言います。

この精進と言う響きが仏教の修行に通じ、
それが彼岸と繋がって
お彼岸の料理=精進揚げ
となったのが始まりとも言われています。

このお彼岸の日の天ぷらを出す習慣は、
主に長野県地方で見られ饅頭を揚げた
「揚げ饅頭」なども出すそうです。

他所とは違う沖縄のお彼岸料理

higanokinawa03

お彼岸に出すお供え膳は精進料理が基本
となっておりますが、沖縄では例外的に
肉や魚などの動物性の食材も出すようです。

そもそも沖縄のお彼岸と言うものは、
亡くなった方を偲ぶ行事ではなく

ヒヌカンと呼ばれる火の神様や、
トートーメーと呼ばれる仏壇に
祈願する祭事のようです。

そしてウサンミと呼ばれる重箱料理
お供え膳になるそうです。

沖縄の神様に捧げるものとして扱われる
訳ですから仏教の教えとは関係なく、
肉や魚を出せると言うのはこの理由
からなのでしょうね。

このウサンミと呼ばれる重箱料理ですが、
お重の中身は豪勢なもので6品、多い所
では9,10品も出すほどです。

内容は肉や魚、野菜の盛り合わせ、
祝い物であるかまぼこなど
彩のある沖縄料理をメインで出すのが、
現在の沖縄のお彼岸のようです。

このかまぼこの色ですが、喪中の場合は
白を出し、喪が明けた時には赤いかまぼこ
を出すの慣わしのようです。

最近では沖縄でも、全国のお彼岸に倣った
精進料理を出す所が増えてきたようですが
沖縄独特の文化として今でも、豪華な
ウサンミを用意するのが沖縄のお彼岸
のようです。

スポンサードリンク

コメントを残す