お彼岸法要の相場は?施餓鬼法要は?

お彼岸は毎年春分の日と秋分の日
中日として、各7日間に渡り行われます。

つまり、お彼岸の期間は1年で2週間
という事ですね。

お彼岸は日本特有の文化で世界で
行っているのは、実は日本だけなのです。

このお彼岸ですが、年中行事なので
惰性で行っている人も多いと思います。

本題ですが、皆さんはお彼岸の相場
ご存知でしょうか?

お彼岸には個人でのお墓参り以外にも、
お彼岸法要でお寺で行われる法要なども
あります。

お寺に依頼するものなので、当然お金は
掛かります。

今回はそんなお彼岸に掛かる費用について
お話しようと思います。

Sponsored Link


お彼岸法要の相場

higanhiyo01

亡くなった方への供養や六波羅蜜の教えを
学ぶと言う目的で行われるのがお寺の
彼岸会です。

お寺にお彼岸法要を頼む場合も通常の
法事・法要と同じようにお金は掛かります。

風習のように決まり事に沿って厳粛な
中でやるだけではなく、参加した方との
コミュニケーションの場となりつつ
あるようです。

さて、この際に掛かるお寺へのお彼岸の
依頼料、つまりお布施になりますが、

個人でやる場合は、お寺の規模にも
寄りますが5万円前後を見積もった方が
良いでしょう。

あくまでお寺側で用意してもらい、
段取りを済ませる事を前提で考えれば
これくらい掛かります。

個人ではなくお寺が開催する合同の
お彼岸法要なら、頭割り計算になりますので、
1万円前後掛かる場合が多いようです。

お寺などではなく個人の自宅でやる事も
可能です。

その場合は上記費用に合わせて心ばかりを
渡しておくと良いでしょう。

その相場は決まっていませんが、
交通費+気持ち位になると思います。

施餓鬼法要の相場

higanhiyo02

皆さんは施餓鬼供養と言うのをご存知
でしょうか?

施餓鬼とは主にお盆の時期に行われる
仏教行事の一つです。

餓鬼と言うと常に飢え苦しんでいる
亡者の事です。

生前の悪事で地獄に落とされ餓鬼になって
しまった者を供物を備える事で供養する
法要行事の事で施餓鬼供養とも言います。

お彼岸も故人を偲ぶ法要行事なので、
施餓鬼法要を行います。

この施餓鬼法要の場合も掛かる費用は
他の法要と同じくらいの相場と見られて
います。

地域性や、それまでのお寺との繋がりに
よって変動する事もままあるので一概には
言えませんが、やはり1万円前後を考えて
おくと良いでしょう。

お寺側に法要と合わせて、卒塔婆などの
お願い事をする場合は、法要のお布施の
費用と同じくらいのお布施を一緒に包んで
渡すと良いでしょう。

ちなみに曹洞宗が行う彼岸会では、施餓鬼と
言う言葉は差別に当たると言う理由で
「施食会」と言う言葉に変わります。

スポンサードリンク

コメントを残す