お彼岸のマナー!のし袋に決まり事ってあるの?

毎年春分の日と秋分の日の前後7日は
お彼岸と呼ばれ亡くなった人を
供養する日です。

このお彼岸と言うものは中国を由来
として、日本だけの風習です。

古くからのしきたりと言うものは
どうにも由来が解らないまま惰性で
消化しがちです。

周りの人の物まねをしてやり過ごす
など、よく解らないまま終えてしまう
なんて事はありませんか?

このお彼岸の日もお墓参りだけして
終わると言うのでは少々寂しい気が
します。

今日はお彼岸の日のしきたりやマナー
について調べてみようと思います。

Sponsored Link


お彼岸のマナー

higanmanners01

お彼岸のマナーと言っても特別な事を
する訳ではありません。

お彼岸専用のお祈りやお供えと言うものは
無いので基本はお墓参りと法要、冠婚葬祭
のマナーと同じで構いません。

強いて言うならお供え物におはぎ・ぼたもち
を用意してあげる事と言った所でしょうか。

お供えにおはぎとぼたもちと言うのは
お彼岸の季節が春分と秋分の季節だから
春と秋のお花である、春の牡丹と秋の萩
にかけてる訳です。

こだわるとしたらそういったところ位ですが
絶対にコレ!と言うものでもありません。

お供え物にしても故人が生前好きなだった
ものをお供えしてあげる方が喜ばれると
思います。

迷った時はおはぎとぼたもち、と言う
気持ちでも十分に感じます。

higanmanners02

お墓参りに行く時間にしても午前中~夕方
くらいまでと一般的なお墓参りと同じ
時間帯で良いと思います。

都合によりお墓参りが出来ないと言った
事情の場合は仏壇に線香を用意して手を
合わせると言った形式でも問題ないようです。

仏壇が無い場合は故人にまつわるものに
向かって手を合わせてあげると言う気持ち
で十分と言う話もあります。

お彼岸は冒頭でもお話したように日本独自
の文化ではありますが、年中行事として
日付が決まっているだけで、形式は一般的な
法事法要と同じです。

春分の日と秋分の日の前後7日間、1年で
計14日間あると言う事だけ覚えておいて
ください。

お彼岸ののし袋に決まり事ってあるの?

higanmanners03

あるお彼岸は日本独自の風習で春分の日
秋分の日の季節に行います。

基本は一般的な法事法要と変わらない
ものです。

強いて言うならお供え物におはぎと
ぼたもちが良いと言った所でしょうか?

ところで、お供え物をする場合は
どのようにしています?

実家や自宅なら特に気にする必要は
ありませんが、そこまで親しくない親戚
などの場合は流石に失礼が無いように
しなくてはいけません。

まずお供え物はのしをつけて持って行く
事になるでしょう。

この時ののしの書き方ですが一応決まりが
あるのをご存知でしょうか?

最近では専用ののし袋が売られる事も増え
デパートなどで購入する際は、専用ののし
を用意してくれるので失敗する事はないと
思いますが豆知識として覚えておくと
良いでしょう。

まず表書きには筆や筆ペンで「御供」
書くと良いでしょう。

意味は「おそなえ」ですので「お供え」
「御供え」でも構いません。

インクでも構わないのですが、
ここはこだわって筆で書くと良いでしょう。

そしてのし袋ですが、関東と関西で違いが
あるようです。

・関東:黒と白の水引き
・関西:黄色と白の水引き

が使われるそうです。
地域ごとの違いがあるようですので、
下調べしておくと良いでしょう。

のし袋の結び目ですが、結び目が固い
結び切りを選ぶのが良いとされています。

結び切りは身内に贈る場合に用いるもので
ある事からとも一度きりで繰り返さない
と言う認識からくるものとも言われています。

スポンサードリンク

コメントを残す