海外でも敬老の日は祝日なの?何と呼ぶの?イベントは?

敬老の日は9月の第3月曜日に指定された
国民の祝日です。

元は9月15日だったのですが、
ハッピーマンデー制度により2003年から
変更になりました。

この敬老の日は日本国民の祝日ではありますが、
海外にも同じような慣習があります。

どこの国にもお年寄りを敬うと言う気持ちは
同じようですね。

それでは今回は海外の敬老の日について
お話します。

Sponsored Link


海外でも敬老の日は祝日なの?

keiroeigo01

日本で言う敬老の日は海外にも数多く存在
しますが、祝日に指定されてる国はありません。

例えば中国にはお年寄りを敬う日に
「重陽節」と言うものがあり、

9月9日の旧暦の菊が咲く季節に行われる
別名・「菊の節句」と呼ばれます。

陽数の極である9の数字が重なる日である
ことから重陽と呼ばれ祝い事とされました。

ヨーロッパでもイギリスなどのように
国からの贈り物やロシアのように
慈善事業をする機会があっても、

国のイベントとして認識はされても
祝日にまでは至っては居ないようです。

このように海外では高齢者を祝い敬うのは
万国共通していますが、やはり祝日に指定
しているのは日本だけと言うのが特徴です。

そのため、海外からの旅行者や留学生など
外国の方々には、祝日としている日本の
敬老の日に対して好感を持つ人は多い
ようです。

海外で敬老の日を何と呼ぶの?

keiroeigo02

敬老の日は日本独自の文化と言うわけでは
ありませんが、祝日に指定しているのは
日本のみです。

そう言う意味では独自の文化とも言えない
ことも無いでしょう。

それでは敬老の日を海外で説明するには
どうすれば良いのでしょうか?

日本独自の文化と言うことで固有名詞と
して考えるべきか、それとも別の言葉が
あるのか、気になるところですので調べて
みました。

調べてみたところ、敬老の日を英語で表記
するとこうなります。

「Respect for the Aged Day」

直訳すると「お年寄りに敬意を示す日」
になりますね。

お彼岸のように固有名詞で説明するわけ
ではなく、言葉の意味として説明するわけ
ですね。

お年寄りに敬意を表する気持ちは万国共通
なわけですから「高齢者を敬う日です」
と説明できるわけです。

海外の敬老の日のイベント

keiroeigo03

敬老の日が祝日なのは日本独自の慣習ですが、
海外にも敬老の日に当たるものはあります。

とは言え、日本とは違い高齢者全ての方が
対象と言うわけではなく、それぞれの国で
捉え方が違っているのが興味深いところです。

・祖父母の日
Grandparents’ Dayと呼ばれ、年齢に関係
なく孫が居るか居ないかが対象のようです。
年齢的な見方は違いますが、中身は日本と
同様に祖父母=高齢者を敬う日のようです。
主にアメリカ、イギリス、フランス、イタリア、
台湾などで9月~10月に行われるようです。
・祖母の日、祖父の日
ポーランドの敬老の日に当たるイベントですが、
上記の祖父母の日と違うのは1月21日が祖母の日、
1月22日が祖父の日と分かれていることです。
同様に5月には母と父の日があり、常に女性が
先に来るように名前と日程が制定されています。
・重陽節
中国の9月9日に先祖供養や長寿祈願を行う日で、
近年では老人節、敬老節と呼ばれています。
以前は9の数字が続く日を厄除けの意味で
捉えていたのですが、数字の重なりが吉祥
であると考えられるようになり、祝うように
なりました。
・国際高齢者デー
高齢者への理解を深める日として1991年に
国連が10月1日に定めた日です。
英語では
「International Day of Older Persons」
と表記されます。

このように世界中で高齢者を敬う日は、
日本とは形が違えど存在しているようです。

スポンサードリンク

コメントを残す