野菜嫌いの子にオススメのお弁当!育ち盛りの子供には?

毎日の献立と同じようにお弁当を考える
のは大変な作業です。

自分だけのお弁当でしたら、適当に入れて
済ます、なんて妥協もアリなのですが、
そうではない場合は大変です。

特に子供のお弁当は悩みの種ですね。

あまり適当な物だと子供達が可哀想だし
好き嫌いもあるから・・・

色々考えてしまって更に頭を悩ませます。

そこで今回は子供の為のお弁当について
考えてみました。

Sponsored Link


子供のバランスを考えたお弁当

obento19

子供が喜びそうなお弁当なら簡単です。

ハンバーグや玉子焼きなどの子供の好物
だけを入れれば済む事ですから。

しかしそれだと子供の体の事を考えると
良い事ではありません。

いかに子供が喜ぶからと言って、
好きなものだけを用意していたら
体を壊します。

子供の事を考えたらバランスの良い物を
選ぶ必要があります。

育ち盛りの子供にオススメなおかず

obento20

・コロッケ
・グラタン
・サラダ
・ハンバーグ

子供たちが喜ぶおかずですが、
もちろん中身には工夫をしましょう。

コロッケの中身ですが、ジャガイモ、
にんじん、たまねぎ、かぼちゃ
これらの野菜をマッシュ状に
混ぜ合わせて作ってみましょう。

にんじん、たまねぎ、かぼちゃの甘みが
強く、おやつ感覚で食べれます。

グラタンの中身もかぼちゃをメインに
したものにパプリカやトマトを彩りに
添えれば見た目にも栄養的にも抜群です。

ハンバーグの種も豆腐やおからなどで
カサを増やし、ひじきなどを入れれば
中国で言う「粗食」と呼ばれる
健康レシピになります。

子供達が好きなおかずの形は同じでも
中身に工夫を加えればちゃんとバランス
の取れたお弁当のおかずになるのです。

野菜嫌いの子にオススメのお弁当

obento21

子供に作るお弁当で頭を悩ませるのが
好き嫌いです。

肉は大丈夫だけど魚はダメ、野菜は
もっとダメ、なんて子も多い事でしょう。

特にピーマンなどの苦味のある野菜は
天敵と言えます。

しかし野菜はお弁当の彩と言う点でも
大事な要素です。

外す訳にはいきません。

そこでオススメの野菜レシピ
考えてみました。

やはりここは具材を混ぜ合わせて作って
しまうのが一番でしょう。

手間は増えますが、子供たちが美味しく
食べてもらえるのなら報われると
言うものです。

ハンバーグやコロッケなどは野菜を
混ぜるのに適したおかずです。

生クリームやバターなどを加えて野菜の
苦味を中和させるのも良いでしょう。

ただしカロリーがかなり上がるので
肥満には要注意です。

五目オムレツなども色合い的にも
オススメです。

obento22

ここで注意点としては野菜を食べさせたい
親の気持ちも理解できますが
子供に無理強いをさせてはいけません。

美味しく食べさせて、食事は楽しい
ものだと理解させる事が大事です。

あまり強く言ってしまうと食事そのものを
嫌いになったりなど、こじらせてしまう
場合があるので気をつけてください。

どうしても食べれないものは気長に考える
余裕を持ってあげるのが大人と言える
でしょう。

余談ですが、子供が苦味のあるものを
食べれない理由として、未熟な子供の
味覚では口に入れたものが毒物かどうか
判断出来ない為に、体が拒否反応を示す
からだと言う話もあります。

大人になってからピーマンが食べれる
ようになったと言う話もよく聞きますので

そう言う事もあるんだな、程度に頭の隅に
でも置いておいてください。

スポンサードリンク

コメントを残す