潰瘍性大腸炎のガイドラインとは?重症度別治療法は?

潰瘍性大腸炎についてみなさんは
どのくらい知っているでしょうか?

潰瘍性大腸炎とは大腸の内側の層、
粘膜が荒れるなどで大腸が炎症
起こす病気を指します。

下痢、時として下血を伴うものや腹痛
が主な症状で、大腸だけにとどまらない
炎症を起こす場合もあります。

今回は潰瘍性大腸炎について調べて
みました。

Sponsored Link


潰瘍性大腸炎のガイドライン

daicho01

この難病にも指定されている
潰瘍性大腸炎はガイドライン
定められています。

ガイドラインとは治療指針と呼ばれる
もので、厚生労働省が主体となって
選出した医師などで作成されたもの
を指します。

ネットでの検索が可能で、自宅に
居ながらPDFファイルでいつでも
確認できます。

難病情報センター | 潰瘍性大腸炎
=>http://www.nanbyou.or.jp/entry/218

潰瘍性大腸炎/日本臨床検査医学会
=>http://www.jslm.org/books/guideline/05_06/164.pdf

潰瘍性大腸炎にもこのガイドラインは
存在し、重症度、症状に合わせたもの
に対する治療を全国的に統一したもの
が用意されています。

つまり潰瘍性大腸炎について調べたい
ことがあるならネットで症状や治療法
も調べられるので、

もし潰瘍性大腸炎の疑いがあるようなら
事前に予習するということができると
いうことですね。

ここで改めて潰瘍性大腸炎の症状の
特徴を挙げておきますので、

気になる方は一度ガイドラインを
見てみると良いでしょう。

「潰瘍性大腸炎という病気は、
大腸粘膜に原因不明の炎症が起きて
しまう病気です。
厚生労働省により特定疾患に指定
されており、下痢、出血、腹痛など
の様々な症状と症状の改善を慢性的
に繰り返してしまう難病です。」

潰瘍性大腸炎の重症度別治療法

daicho02

潰瘍性大腸炎は炎症を起こしている
範囲や、今回が初めての症状なのか
それとも再発なのか

一度は炎症が収まり落ち着いていた
のかなど、状態ごとに分類が分けられ
ます。

症状の重症度により、軽度、中等度、
重度、劇症に分けられるので治療の
方針もそれぞれ変わってきます。

軽・中等度の症状には基本的に
薬物治療が施され、薬を経口、
注腸、もしくは座薬など薬の種類
ごとに投与し炎症を抑えます。

状況によってはほかの薬を投与する
場合もあります。

daicho03

重・劇症の場合は即刻入院となり、
改善治療を施されます。

薬の大量投与による治療が行われますが、
必要に応じて大腸の摘出手術や人工肛門
の造設など大掛かりな手術の必要性が
出てくる場合もあります。

薬、特にステロイドの長期的な投与は
副作用の恐れがあるため、症状が落ち
着き次第投与を抑えたり中止すること
があります。

しかし、薬の効果が認められない場合
などには症状が重いものとみなされ、
入院治療に切り替わるケースもあります。

このステロイド治療には依存性なども
あるため、症状や状態に応じて症状
重いものと判断されて、重症例として
治療されることもあります。

スポンサードリンク

コメントを残す