潰瘍性大腸炎の症状は?なりやすい患者の特徴とは?

私たちは生きるための食事をして水分を
補給することで必要なエネルギーを
得ています。

食物を体内に取り込んで消化吸収
しながら不要な物を排泄する
というサイクルが行われます。

この排泄に必要な器官は消化器官
と呼ばれ、胃や腸、食物を取り込む
口腔や栄養素を貯蔵、加工する肝臓
も消化器官に含まれます。

排泄物を運ぶ大腸は重要な器官で、
その大腸に深刻な病気を抱えた場合
は体の機能が大きく狂ってしまい
ます。

今回はこの大腸の病気、
潰瘍性大腸炎についてご紹介します。

Sponsored Link


潰瘍性大腸炎の症状

daicho04

潰瘍性大腸炎は大腸の最も内側の
層にある粘膜に潰瘍などができて
します大腸の炎症性疾患を指します。

おもな症状としては、下痢、時として
下血を伴うものや頻繁に腹痛などが
挙げられます。

直腸から連続的に口側広がっていく
性質があり、最悪には直腸から
結腸全体に至ります。

この潰瘍性大腸炎は以下に分類
されます。

病変の広がりによる分類:全大腸炎、左側大腸炎、直腸炎
病期の分類:活動期、寛解期
重症度の分類:軽症、中等症、重症、劇症
臨床経過の分類:初回発作型、再燃寛解型、慢性持続型、急性激症型

平成25年度の医療受給者証および
登録者証交付件数の合計から数えて、
潰瘍性大腸炎の患者数は166,060人
にのぼり

人口10万人あたりに対して100人
程度の潰瘍性大腸炎の患者が日本
には存在しています。

潰瘍性大腸炎になりやすい患者の特徴

daicho05

この潰瘍性大腸炎は原因不明の難病
として国に難病指定されており、

厚生労働省によりガイドライン
定められています。

原因不明の難病と言っても、病気に
かかりやすい人の特徴はある程度判明
しています。

潰瘍性大腸炎の発症年齢は男性で20~24歳
女性では25~29歳にピークが見られます。

全体で見ればかかりやすい年齢と
そうでない年齢が見られますが、
若年層から高齢者まで発症する
可能性があります。

男女比は1:1で性別に差はありませんが、
喫煙者と比べて非喫煙者のほうが
発病しにくいと言われています。

原因が明らかにはされていませんが、
免疫力の低下や異常、もしくは食生活
の変化などが考えられています。

また、家族内での発症例もあり、
遺伝的なものによる発症の可能性も
考えられており

欧米での研究報告によると患者約20%
炎症性腸疾患の近親者がいると
判明しています。

daicho06

近年の研究では原因究明のための
遺伝子研究が進められていますが、
解明には至っていません。

潰瘍性大腸炎の治療には完治する
ための内科的治療がまだありませんが、

炎症を抑えるための薬物治療が
施されます。

重症の場合は手術などの外科的治療
などが行われ、摘出手術や人工肛門
の造設などが挙げられます。

スポンサードリンク

コメントを残す