太陽光発電の投資で儲けを出すことは可能なのか?

太陽光発電とは文字通り太陽の光を
利用して電気に変える設備のことです。

いわゆるソーラーパワーと呼ばれる
もので、環境問題の観点においても
少しずつ身近に普及していったものです。

この太陽光発電は使用することは
もちろん、備蓄して余った電気を
売ることもできるのです。

うまく利用すれば自宅でもできる
ちょっとしたビジネスにも使えます。

今回はこの太陽光発電の投資について
様々なことを調べてみました。

Sponsored Link


太陽光発電で儲けは出せるのか?

この太陽光発電は余った電気をお金に
換えることもできるのですが、

どれくらいの収入になるのかを知る
必要があります。

日本経済が少し持ち直したとは言われ
ていますが、まだまだ一般の収入は
増える見通しが立たないのが現実です。

そこで少しでも懐を温かくしたい
考えるのは誰しも考えることでしょう。

ではどういった手段があるのかを
考えると、内職などの副業が頭に
思い浮かぶはずです。

しかし、労働の対価として理想の収入
が手に入るかと言うとそうとも言えま
せん。

そこで、今回の太陽光発電ではどうか?
と言う話になります。

結論を言うと固定価格買取制度が終わり、
売電価格も年々下がってきているので
言うほど儲けは出ないはずです。

下手をしたら設置費用に対して元手が
取れないことだってあります。

それではやらない方が良いのではないか
と考えるところですが、要は考え方次第
です。

例えば、田舎の土地に太陽光パネル
建てるとします。

発電量が50KWだとして、売電価格が
1KWh当たりの金額が40円ほどなら
どうでしょう?

およそ年間200万の稼ぎにはなります。

誰も使わない土地で十分な太陽光発電が
可能であれば、土地価格や税金、維持費
などを考慮しても見返りとしては十分
です。

この例えはあくまで仮定した話ですが、
儲けを出すことが可能と言うことなのです。

太陽光発電で完全不労所得は可能なのか?

安く仕入れて高く売るというのは商売に
おいて絶対条件です。

これは太陽光発電でも同じことが言えます。

設置費用と維持費と売電価格を比較して、
備蓄できる太陽光が十分である必要が
あります。

ここで太陽光発電のための投資について
考える必要があります。

いまいち確信が持てず行動に移せないと
言う人もいることでしょうが、それは
当然のことでしょう。

せっかく設置した設備で思うように発電
できない場合はマイナスです。

個人で利用すると言う目的でもマイナスに
なるようなら、電力会社と契約しておいた
方がマシと言うケースだってあります。

そこで考えるべきは投資費用、環境、
年間の発電収入です。

まず太陽光パネルをどこに設置するべきか?

幸いパネルはよほどのことが無い限り
故障の可能性は少ないので、設置場所と
維持費を懸念する必要があります。

そしてもう一つ問題なのは売電価格です。

売電価格が年々下がってきているのに加え、
電力会社の新規受付が終了する可能性も
あることです。

最悪の場合、売電できなくなる恐れも
あると言うことです。

維持費や年間収入だけでなく、契約の時期
や売るタイミングと言うものも考える
必要があるのです。

スポンサードリンク

コメントを残す