手足口病になった経緯と症状の違い

夏になると、子供を中心に大流行する手足口病ですが、
実際自分がかかった記憶は無く、
話には聞くけれどどのような病気なのかと思っていました。

うちの子供たちは4歳になる去年の夏までかかった事がなく、
楽観していましたが、なってみると大変な病気でした。

Sponsored Link


手足口病になった経緯

teashi03

毎年夏には実家に帰るのですが、
子供が小さかったので人ごみの中に出ることも少なく、
冬に比べ、夏は病気の少ない時期でした。

去年は妹の子供が半年ほどになっており、
私の子供たちを含め、4人の子供賑やかな夏でした。

暑ければ必然的に冷たい飲み物もよく飲むようになり、
甥がお腹を壊し下痢になったのです。

心配した妹が連日小児科に連れて行ったことが
手足口病の始まりでした。

甥が、お腹が治らないうちにが出始めたのです。

下痢と発熱の他に症状はなく、
食欲も無いので心配していたところ、
2日ほどして、私の3男が発熱しました。

夏風邪かな~と言いながらも、
熱はあまり上がらず、高熱でも食欲旺盛な
3男がご飯を食べないので少々心配でした。

翌日次男が発熱。その頃甥に発疹が出たのです。

手足口病の症状の違い

teashi01

甥は足の裏と手のひらに発疹が出ました。

そして手足口病だと判明。

甥の場合はその熱の高さが心配でしたが、
私の3男と次男は比較的も高くなく、
ただ何も口にしないだけでした。

脱水症状など心配でしたので、
甘い水分やゼリーなど少しづつ食べさせていました。

それを多少口にし出した頃、長男が泣き出したのです。

熱は高くないのですが、とにかく何も口にし出来ず、
つばすら飲み込めない。

一番ひどい口の中(喉?)に発疹が出来る症状でした。

口の中は舌にまで発疹ができ、
2日ほど泣き続け何も口にしないので、
看病疲れで私はだいぶぴりぴりしていました。

夜中もほとんど寝ない状態です。

長男の症状は本当にひどく、治りも遅いものでした。

手足口病の薬

teashi02

手足口病にはありませんでした。

発疹が収まるまでとにかく様子を見ながら
その都度対処していくだけです。

夏なので汗をかくし、
とにかく何も口にできない子も多いので、
脱水症状に気をつけるように言われました。

気をつけるといっても、飲ませれば泣き叫び、
もうどうすればいいのかオロオロするのみでした。

とりあえずぐったりしたら、
救急病院に連れて行って点滴をしてもらうことだけ
考えていました。

幸い、それは必要なかったのですが、
本当に見ているだけは苦しいです。

大人にも伝染る場合があるようですが、
私の家族には伝染りませんでした。

大人が伝染るとひどいらしいです。

予防策も薬もないので、
本当に対策も分からない病気ですが、
ウイルスの病気ですので、
ウイルスに負けないように日頃から強い体
作ってあげる努力をしたいです。

スポンサードリンク

コメントを残す