日本国憲法とは?三大原則は?

日本における法律、日本国憲法は敗戦後の
1945年にポツダム宣言受諾後に連合国側から
日本政府が要求された法的義務です。

日本の国民全てが法律について全部を
把握しているわけではありません。

この日本国憲法についてどれだけの
理解があるのかを確認してみましょう。

Sponsored Link


日本国憲法とは

日本は第二次世界大戦の敗戦により、
永久の戦争の放棄を大前提とした平和主義
である日本国憲法を定めました。

「基本的人権の尊重」という言葉は
社会の授業で誰もが習うはずです。

大まかに分けて、

「国民主権」
「基本的人権の尊重」
「平和主義」

の三つが日本国憲法の三大要素と
呼ばれています。

さらに国民の義務として

「納税の義務」
「勤労の義務」
「教育の義務」

というものがあります。

憲法の基本理念として「個人の尊厳」
の原理の達成を目的とするのが定説です。

この日本国憲法の具体的な原理は
いくつかに分かれています。

・基本的人権尊重主義
・福祉主義
・平等主義
・平和主義
・国民主権主義

細分化するとさらにいくつもの項目が
ありますが、大雑把にこれらが
挙げられます。

そして日本国憲法の条文の前にある文章で、
趣旨や基本原則について記されている
日本国憲法前文があります。

日本国憲法の三大原則

日本国憲法には次の3つを基本原則として
定めています。

・国民主権
・基本的人権の尊重
・平和主義

この日本国憲法の三大要素は基本原則と
呼ばれるものです。

それでは、それぞれを詳しく解説して
いきます。

・国民主権

主権とは国の意思を決定する権利、
つまり、国の意思を国民が決定できる
ということですが、

実際には政治家が国民の代表として
決定しています。

日本国憲法が制定される以前の
大日本帝国憲法では天皇に主権が
あるとされていました。

日本国憲法下では天皇は象徴
されています。

・基本的人権の尊重

基本的人権の尊重

基本的人権とは、人が生まれながら
にして持っている権利を指し、生存
する権利や自由を求める権利などです。

最大限に尊重される必要があり、侵す
ことのできない永久の権利として
日本国憲法に規定されている、
と説明がされています。

・平和主義

平和主義

第二次世界大戦での敗北により、
日本は戦争の悲惨さ、不毛さを学び
「戦争の放棄」、「戦力の不保持」、
「交戦権の否認」を憲法に定めました。

戦力の不保持というのは、軍事的戦力
を持たないことを言い、自衛隊は
防衛手段の例外となります。

交戦権の否認とは、国家が戦争をする
権利を認めないということです。

つまり、日本は第二次大戦以降の戦争を
永久に拒否、放棄するということに
なります。

スポンサードリンク

コメントを残す