うつ病、身近な例と症状、対処、治療

うつ病、と最近聞く機会が多くなりました。

私がそういう年齢になったからかもしれません。

身近な人間から知人の家族まで数名います。

うつ病とは、心の病であり、その原因は個人により様々です。

一概にうつ病といっても症状も個人差があり、
うつ病の中でも多くの分類があるようです。

Sponsored Link


身近なうつ病

utsu02

父がうつになりました。年初めのことです。

直接的な原因は祖母の他界だったのではないかと思います。

数年前に母を亡くしたとき、父はうつ状態になりましたが、
周囲のフォロー、主に同居を選択した妹のフォローで
持ちこたえました。

当時は近隣県に住んでいた私も乳児2人を抱え、
よく実家に顔を出したことも
大きいのではないかと思います。

そして妹の離婚、母方の祖母の他界、父の実母の他界。

喪失感からではないかと思います。

他にも色々とあるでしょうが、
そういうものが積もり積もって
心が耐えられなくなるのではないでしょうか。

彼は珍しく自分から病院へ行きました。

なぜなら1歳になったばかりの私の甥に、
投げたタオルが当たったようなのです。

激昂のまま投げた物が孫を傷つけたかもしれない、
そういう思いが彼を病院に行かせたらしいですが、
一般的にうつ病の人は自分から病院には
行きたがらないようです。

うつ病の症状

utsu01

うつ病は、眠れず、食欲が落ち、気分が一日中落ち込んでいる、
死にたいなどが続くとうつ病である可能性があるようですが、
うつ病とともに、他の精神障害を併発することも多いです。

私が身近で聞いた話でも、夜眠れない睡眠障害
動機、めまいなどを引き起こすパニック障害、

ある場所や出来事などが引き金になり、
不安やイライラで行動を抑制できなくなる
不安障害などあるようです。

父は不安障害うつ睡眠障害を同時に併発しましたし、
伯母はパニック障害になりました。

どちらもで落ち着き、
今はだいぶ改善したようです。

うつ病は早いと3ヶ月くらいで
薬の効能が出てくるらしいです。

うつ病への対処

utsu03

家族がうつ病になった場合、
同居の家族もうつ病になるくらい辛いようです。

私は遠方で父に直接対処したわけではないですが、
同居の妹からは怒られ、恨まれ、
現在は連絡も取ってくれなくなりました。

それほど大変だったようです。

今は日々父と電話する毎日ですが、
日によって声の調子が違い、話をするのも緊張しますが、
私の電話が少しでも気分転換になればと思います。

私のうちに旅行がてら来るよう勧めたのですが、
あまり環境の変化も良くないらしく、
父自身も来たがりません。

悪化するのが怖いのかもしれません。

父は自分のうつと対峙しようと努力していますが、
それは周囲がうつを否定しなかったことも
大きいと思います。

怠けているなどと思わずに、うつ病への理解を深めることが
うつ病患者の気持ちを少しでも慮ることが出来、
うつ病の治療への近道ではないかと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す