七五三とは?七五三詣の年齢は?お祝いは?

11月15日といえば七五三ですね。

そこで、七五三について調べてみました。

Sponsored Link


七五三とは?

75301

七五三は、こどもの家庭行事のうち一生に一度ないし
二度の貴重な通過儀礼のひとつです。

昔は乳幼児の死亡率がとても高く、奇数年齢の節目に
達したこどもの成長に感謝し、今後の健康厄除け
祈願する儀式を当時の公家や武家の間で行われていたものが、
江戸時代になり庶民にも広がったのが始まりのようです。

11月15日が七五三の日とされるようになったのは、
第5代将軍徳川綱吉の長男、徳松の健康を願う神事を
行った日が11月15日であったためとされています。

七五三詣の年齢は?

75303

現在は地域によって差はありますが、
数え年で女児三歳と七歳男児五歳になると
神社やお寺などにお詣りし、お祓いなどを受けます。

ただ厳密な決まりはなく、
男児の三歳でも祝っても問題はなく、
また最近は数え年ではなく満年齢でのお祝いのほうが
一般的になりつつあるようです。

七五三は肉親や近い親族の間で祝う行事ですので、
孫や甥や姪など親戚に七五三を迎えるこどもがいる方は、
出来れば11月15日までお祝いを整えるのが良いでしょう。

七五三のお祝いは?

75305

でもお祝いって、いったい何を用意すれば良いのでしょうか。

以前は、七五三の晴れ着を両祖父母が折半して
用意するなどの習慣もありましたが、
最近では衣装レンタルを利用する若い夫婦が多く、
一度きりの晴れ着をあつらえる方は少ないようです。

やはりお祝いとしては現金を贈るのが一般的です。

その場合の相場は、

親戚の場合5,000~10,000円
祖父母の場合10,000円以上で、

余裕のあるご家庭ですと、
100,000円を包むという方もいるようです。

ご祝儀袋はのし付で水引は紅白蝶結び
表書きは「七五三御祝」となります。

また、プレゼントとして晴れ着に必要な
小物類(リボン・草履・バッグなど)やおもちゃ
絵本、ケーキなどを添えて贈っても喜ばれるでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す