流しそうめんとそうめん流し竹と器と

そうめんが食べたくなると、夏も近いなぁと
感じるものですが、今年もそろそろそうめん
食べたくなってきました。

夏の風物詩とも言われるそうめんですが、
竹の樋に水と一緒にそうめんを流して食べる、
流しそうめんは見た目も涼しく、
まさに夏の食べ物だと感じます。

Sponsored Link


そうめん流し

soumen04

私の地元では、流しそうめんではなく、
そうめん流しといいます。

それが私の地元特有の呼び方だというのは、
大学に入るまで知りませでした。

他県の友人たちが流しそうめんと呼ぶのを聞いて、
その違いに気づいてからです。

soumen03

しかも、そうめん流しは回転する水流
そうめんを流すもので、円卓の回転台を置いた
そうめん流しの店が色々とあるのですが、

そういえば、TVなどで見るのは竹の樋
傾けて水とそうめんを流す流しそうめんでした。

それが一般的だというのも知りませんでした。

鹿児島県指宿市の唐船峡が有名で、
5月ごろから地元の人や観光客で賑わいます。

自作の流しそうめん

soumen02

学生の頃、そうめん流しが一般的だった地元で、
流しそうめんを経験したことが無かった私は、
友人たちと一緒に自分たちで作ってみることにしました。

竹を切って洗い、竹でも作りました。

単純な形ですし、半日で出来上がりました。

桶を持参して傾斜を作り、
水と一緒にそうめんを流しました。

初めての経験だったし友人たちと
大変楽しく準備できたのですが、

上から流した素麺は桶に流れ落ち
それからまた流し直さないといけないので、
結論として、回転式のそうめん流しの方が楽でいいよね

ということになりました。

良い経験ではありましたが。

最近では自宅用の回転式円卓も販売しているようです。

楽天市場でも扱っていますね。
=>流しそうめん機を楽天市場で探す

兵庫県の流しそうめん

soumen01

私は兵庫に住んでいたのですが、
揖保の糸の産地でした。

子供が小さかったので行かなかったのですが、
流しそうめんも数多くあったようです。

中でも宍粟市の滝流しそうめん
川をまたいでの大きな樋がすらっと並んでいます。

そうめんは勿論揖保の糸、渓谷の水も空気も
美味しい涼しげな場所にあります。

ぜひ1度そこでそうめんを食べてみたいものです。

関西はそうめんつゆのだしも美味しいので、
きっといいそうめんが食べられるだろうなと思います。

行けば良かったなぁと今後悔しています。

スポンサードリンク

コメントを残す