政府 成長戦略とは?アベノミクス三本の矢?身近な成長戦略とは?

ニュースなどを見ていると、「成長戦略」
と言う言葉を聞きませんか?

良く聞くけれど、その意味はなかなか難しくて
分かりにくいと言う人も多いのでは無いでしょうか。

Sponsored Link


最近よく聞く日本政府の成長戦略とは?

seichosen04

最近よく聞く日本政府の「成長戦略」は、ほとんどが
アベノミクス三本の矢の一つとしての
成長戦略の事でしょう。

それはどういったものなのか、
簡単に説明したいと思います。

安倍政権が掲げた一連の経済政策。
それが通称「アベノミクス」です。

アベノミクスには基本となる三つの基本方針があります。

「大胆な金融政策」

「機動的な財政政策」

「民間投資を喚起する成長戦略」

これが三本の矢と表現される方針です。

金融政策や財政政策は、
今まであったものを改善していこうとする政策。

それに比べて成長戦略は、これからの日本を良くするための
長期的な計画なのです。

アベノミクス三本の矢?

seichosen01

不景気だと言う気持ちは、すでに私たちに
染みついてしまっている気がしませんか?

だから買い物を控える

そうすると物が売れない。

物が売れなければ、払えるお給料も少なくなる。

お給料が少なくなるから買い物を控える。

この悪循環がいわゆる「デフレ」と言う状態を
引き起こすのです。

それを一掃しようとするのが、金融政策。

それに伴って、公共事業を大規模に行い、経済を活性化させる。

それが財政戦略。

seichosen03

この二本の矢によって、景気を良い方向へと導くことで、
第三の矢「成長戦略」の効果を大きくし、
持続的な経済成長を目指す。

つまり、アベノミクスの三本の矢で、
一番大きな方針が「成長戦略」なのです。

私たちの身近な成長戦略とは?

seichosen02

もしお給料が増えたら、買いたいものはありますか?

少しでも余裕があればきっと、今よりも少しは
買い物も増えるのでは無いでしょうか。

つまり、デフレを引き起こす状態とのことが起こります。

買い物が増える、つまり物が売れる。

物が売れれば、払えるお給料も増える。

お給料が増えるから買い物をする。

こうして良い循環ができれば、景気も回復していくのです。

それが強いては日本経済の成長にも繋がります。

そう言う良い循環環境を目指すのが、成長戦略です。

ニュースで難しく聞いている成長戦略は、どんなものか、
なかなかイメージが掴みにくいかもしれません。

けれど、自分たちのお給料が上がるための長期的な計画だと思えば、
とても身近に感じられるのでは無いでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す