もどかしいとは?意味は?じれったい、はがゆい類語との違いは?

もどかしい、じれったい、はがゆい、いらだたしい。

世界一難しい言語だと言われる日本語ですが、日本人であっても
意味を知らない言葉も多いのでは無いでしょうか。

普通に使っている言葉でも、改めて意味を考えてみると、
どう説明すれば良いのか分からない言葉も多いはずです。

そんな言葉の一つ「もどかしい」について、少し調べてみました。

Sponsored Link


もどかしいとは?意味は?

modokashii01

もどかしいを辞書で引いてみると、

「思うようにならずいらいらする。じれったい。はがゆい。」

と出てきます。

「いらいらする」は分かるけれど、「じれったい」「はがゆい」
少し説明が難しい言葉です。

今度はじれったいを辞書で引いてみましょう。

「物事がなかなか思うようにならないので、いらいらして気持ちが
落ち着かない。はがゆい。もどかしい。」

似ているようで少し違います。

では次に「はがゆい」。
こちらはどうでしょうか。

「思いどおりにならなくて、いらだたしい。もどかしい。」

これまた少し違います。

このように意味が似ているけれど言葉が違うものを「類語」
もしくは「類義語」「同義語」と言います。

もどかしいの類語?

modokashii02

もどかしいの類語には、どんなものがあるのかも調べてみました。

「もどかしい」
「いらだたしい」
「じれったい」
「はがゆい」
「まだるっこい」

この言葉の意味をそれぞれ調べると、調べた言葉以外の言葉
意味の中に入ってきます。

それぞれ少し意味が違いながらも、似た意味を持っています。

類語の特徴でありながら、日本語独特の表現方法でもあります。

では、それぞれの違いは何なのでしょうか。

もどかしいと類語の違い?

modokashii03

「もどかしい」と言う言葉はどんなときに使うでしょうか。

「あの人を見ているともどかしい」の様に、自分以外の人への
焦りを、自分に対して感じる時に使うのが多いと思います。

ならば、「いらだたしい」はどうでしょう。

「あの人を見ているといらだたしい」と言うのには、その人に対しての
怒りが入っているようです。

「あの人を見ているとじれったい」と言うのは、自分以外の人の
行動へのいらだちです。

「あの人を見ているとはがゆい」は、自分が叶えられない事に対しての
もどかしさの様なものがあります。

「あの人を見ているとまどるっこい」
要領の悪い人に対してのいらだちや焦りが感じられます。

普段同じように使っている言葉でも、改めて考えてみると
だいぶ違ってきたりします。

こうして同じ文章に当てはめてみると、イメージが掴みやすく
少し分かりやすくなるのではないでしょうか。

「もどかしい」実体験を伺ってみました。
=>もどかしいとは?もどかしい!と実際に思ったこと!
=>子供に「もどかしい」と思った体験談!いつの間に?
=>言いたくても言えない!「もどかしい」と思った体験!
=>なかなか相手に伝わらない?「もどかしい」と思った経験!
=>自分自身に「もどかしい」と思った経験!

スポンサードリンク

コメントを残す