ユニセフとは?日本ユニセフ協会は国連と違うの?募金は?活動内容は?

ユニセフ(unicef)と言う言葉を聞いたことはありますか?

聞いたことのある人は、ユニセフとは何か知っているでしょうか?

イメージとしては、途上国への支援をしているところ。

募金を募っているところ、と言った所でしょうか。

では、具体的にユニセフとは何なのか、調べてみました。

Sponsored Link


ユニセフとは?

unicef01

ユニセフの正式名称は「国際連合児童基金」と言います。

その名の通り、子供達のために活動する機関です。

それが何故ユニセフと呼ばれるかと言うと、以前の名称

「国際連合国際児童緊急基金」
「United Nations International
Children’s Emergency Fund」

の頭文字を繋げて「UNICEF」と呼ばれるようになったのです。

設立されたのは第二次世界大戦が終わった1945年で、
日本も1949年から15年間に渡り援助を受けました。

主に物資の援助を中心に活動していたのが、生活そのものを
変えなければ状況は変わらないと、活動の幅を広げます。

今では物資の援助だけで無く、教育や医療など様々な支援
行っています。

国連ユニセフと日本ユニセフ協会との違いは?募金は?

unicef02

ユニセフは国連の一機関でありながら、国連本体から
活動資金が出ている訳ではありません。

各国政府からの任意の拠出金と募金で成り立っているのです。

その募金は、実は国連のユニセフでは行っていません。

民間からの募金を推進するための窓口として
設置されているのが、国内委員会と言う非政府組織です。

その一つ、日本にあるのが「日本ユニセフ」と呼ばれている、
「日本ユニセフ協会」です。

東京には「ユニセフ東京事務所」と言うものも存在しますが、
そちらは国連ユニセフ直轄の、政府との窓口として
活動しているので、募金は受け付けていません。

ユニセフの活動内容は?

unicef03

子供達を守るため、予防接種の普及や安全な衛生環境の確保、
栄養改善や教育、自然災害や武力紛争時の緊急支援など、
その活動は多岐に渡ります。

けれど共通しているのは、もちろん子供達の幸福。

国際条約に、通称「子どもの権利条約」と言うものがあります。
その4つの柱には、

「生きる権利」
「守られる権利」
「育つ権利」
「参加する権利」

が掲げられています。

日本では当たり前のことが、
世界ではまだ当たり前ではないのです。

それが当たり前になるように、ユニセフはこれからも
活動していくのでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す