空気が読めない人じゃなかった!?アスペルガー症候群とは?

微妙なニュアンスが理解できない、
場の雰囲気が変わったことに気がつけないという人をよく

「あいつは空気が読めない」

と揶揄することがありますが、
アスペルガー症候群という発達障害を知っていますか?

Sponsored Link


【アスペルガー症候群という障害】

アスペルガー症候群とは、発達障害の一種で
「広汎性発達障害」とも呼ばれるものです。

知的障害を併発していないため、
社会で活躍している人が殆どです。

また、女性よりも男性に多く見られるもので、
精神的な病気ではありません。

脳に問題がある状態で、生まれ持った特徴です。

【アスペルガー症候群の特徴】

◆コミュニケーションの障害

asperger02

・相手の気持ちが分からない

・話の流れについていけない

・自分の意見を述べて、相手の意見を聞けない

・例え話を真に受けてしまう

・人の話を無視しているように見られてしまう

・相手に対し失礼な発言をする(悪意は全くない)

など、会話のキャッチボールがうまく出来ない特徴があります。

そのため、
「あいつ、会話の行間読めないよな」
なんて悪口を言われてしまうことも非常に多いのです。

◆想像するのが苦手

asperger04

・予定が崩れるのが非常に苦手

・気持ちの切り替えがうまく出来ない

・興味や関心のあることには強いこだわりを示すが、
 それ以外には無関心

・生活習慣の乱れを拒む
 (朝の支度の手順なども決まり通りに進まないと怒る)

・臨機応変な対応や暗黙の対応などを理解できない

・物事の優先順位をつけるのが苦手

など、想像力が弱く、応用が出来ない特徴があります。

一見「頑固な人」と思われがちですが、
予定外の自体が起きた時に激しい不安を抱いてしまうため、
規則や決まりを忠実に守ろうとしているだけなのです。

◆感覚過敏

asperger01

・聴覚過敏(機械音、怒鳴り声、サイレンなど特定の音を嫌う)

・味覚(偏食になりやすい)

・視覚(本の特定のページやCMなどを嫌う)

・触覚(特定の洋服の生地や、抱きしめられるなどを嫌う)

などという、特定の感覚刺激を非常に嫌う傾向もあります。

特に音に対して敏感なケースが多く、
その音を聞くとパニックに陥る可能性もあります。

【周囲の人間が出来ること】

asperger03

アスペルガー症候群の人は、生活、学習、就業などと
様々な場所で困難にぶつかります。

周囲の人がきちんと理解し、サポートをしてあげることで
日常生活をストレスなく過ごすことが出来ます。

例えば、

・会話で説明するよりも文書にして説明する
 (話し言葉より文字の方が認識しやすいため)
・リストなどを作成して、手順を覚えてもらう
・曖昧な表現を避ける
・騒がしい所へは誘わない

などというちょっとした気遣いで、
アスペルガー症候群の方も周囲の方も双方ストレス
感じずに済む場合があります。

アスペルガー症候群の方は、学生時代は優秀な成績を
保っていたりと「頭が良い」特性もあります。

偏見の目で見ずに、「こういうことは苦手そうだな」
さっとサポートしてあげられる人が近くにいることは
とても支えになりますので、

身近にアスペルガー症候群の方がいたら是非、
暖かくサポートしてあげてくださいね。

勿論、「社会的弱者」ではありませんので、
あくまで対等な関係を築けるようにしていくことが
好ましいことです!

スポンサードリンク

コメントを残す