お彼岸法要の相場は?施餓鬼法要は?

お彼岸は毎年春分の日と秋分の日
中日として、各7日間に渡り行われます。

つまり、お彼岸の期間は1年で2週間
という事ですね。

お彼岸は日本特有の文化で世界で
行っているのは、実は日本だけなのです。

このお彼岸ですが、年中行事なので
惰性で行っている人も多いと思います。

本題ですが、皆さんはお彼岸の相場
ご存知でしょうか?

お彼岸には個人でのお墓参り以外にも、
お彼岸法要でお寺で行われる法要なども
あります。

お寺に依頼するものなので、当然お金は
掛かります。

今回はそんなお彼岸に掛かる費用について
お話しようと思います。

お彼岸法要の相場

higanhiyo01

亡くなった方への供養や六波羅蜜の教えを
学ぶと言う目的で行われるのがお寺の
彼岸会です。

お寺にお彼岸法要を頼む場合も通常の
法事・法要と同じようにお金は掛かります。

風習のように決まり事に沿って厳粛な
中でやるだけではなく、参加した方との
コミュニケーションの場となりつつ
あるようです。

さて、この際に掛かるお寺へのお彼岸の
依頼料、つまりお布施になりますが、

個人でやる場合は、お寺の規模にも
寄りますが5万円前後を見積もった方が
良いでしょう。

あくまでお寺側で用意してもらい、
段取りを済ませる事を前提で考えれば
これくらい掛かります。

個人ではなくお寺が開催する合同の
お彼岸法要なら、頭割り計算になりますので、
1万円前後掛かる場合が多いようです。

お寺などではなく個人の自宅でやる事も
可能です。

その場合は上記費用に合わせて心ばかりを
渡しておくと良いでしょう。

その相場は決まっていませんが、
交通費+気持ち位になると思います。

施餓鬼法要の相場

higanhiyo02

皆さんは施餓鬼供養と言うのをご存知
でしょうか?

施餓鬼とは主にお盆の時期に行われる
仏教行事の一つです。

餓鬼と言うと常に飢え苦しんでいる
亡者の事です。

生前の悪事で地獄に落とされ餓鬼になって
しまった者を供物を備える事で供養する
法要行事の事で施餓鬼供養とも言います。

お彼岸も故人を偲ぶ法要行事なので、
施餓鬼法要を行います。

この施餓鬼法要の場合も掛かる費用は
他の法要と同じくらいの相場と見られて
います。

地域性や、それまでのお寺との繋がりに
よって変動する事もままあるので一概には
言えませんが、やはり1万円前後を考えて
おくと良いでしょう。

お寺側に法要と合わせて、卒塔婆などの
お願い事をする場合は、法要のお布施の
費用と同じくらいのお布施を一緒に包んで
渡すと良いでしょう。

ちなみに曹洞宗が行う彼岸会では、施餓鬼と
言う言葉は差別に当たると言う理由で
「施食会」と言う言葉に変わります。

お彼岸料理!お供え膳?沖縄は他所とは違う?

お彼岸とは、春分の日と秋分の日に
それぞれを中日として前後3日間
計7日行う行事です。

春分の日と秋分の日の2回行われるので、
1年で2週間あると言う事になります。

元々は仏教を由来とした、彼岸と呼ばれる
悟りの国に思いを馳せると言う事から
始まった習慣で、日本独自の文化です。

お彼岸に出すお供え物として、
おはぎ・ぼたもちが挙げられます。

higanokinawa01

これらは春と秋の花の名前にちなんで、
お彼岸に供えられます。

お供え物とは別にお供え料理を出す習慣も
あります。

お彼岸に出す料理には一体どんなものが
あるのでしょう?

お彼岸のお供え料理・お供え膳

higanokinawa02

お彼岸のお供え料理には精進料理
お供え膳と呼ばれるものを用意するのが
通例です。

このお供え膳の内容は仏教の教えを遵守
しており、殺生を禁じている為に、肉や魚
などの動物性の食材の使用を一切禁止
しています。

当然卵などの使用も禁止されています。

その為に料理の内容は全て野菜や穀類
などに限定されています。

現在では例外とする地方もありますが、
全国的には野菜メインの精進料理
なります。

お供え膳は大体その季節の野菜を使った
料理となり和食の基本となる三菜一汁
構成となります。

日本の食卓の基本となる三菜一汁と食器
の並びは精進料理が元となっていた
のですね。

ところで、お彼岸料理に天ぷら
欠かせないと言われますが
この理由はご存知でしょうか?

野菜の天ぷらは「精進揚げ」とも呼ばれ、
精進料理でもよく登場する料理です。

元は天ぷらとは江戸湾で取れた魚介類を
揚げたものを呼び、それが各地に
広がっていきました。

ところが野菜だけを揚げたものは天ぷら
と呼ばれず、
肉や魚を使わない精進料理=精進揚げ
と呼ばれたと言います。

この精進と言う響きが仏教の修行に通じ、
それが彼岸と繋がって
お彼岸の料理=精進揚げ
となったのが始まりとも言われています。

このお彼岸の日の天ぷらを出す習慣は、
主に長野県地方で見られ饅頭を揚げた
「揚げ饅頭」なども出すそうです。

他所とは違う沖縄のお彼岸料理

higanokinawa03

お彼岸に出すお供え膳は精進料理が基本
となっておりますが、沖縄では例外的に
肉や魚などの動物性の食材も出すようです。

そもそも沖縄のお彼岸と言うものは、
亡くなった方を偲ぶ行事ではなく

ヒヌカンと呼ばれる火の神様や、
トートーメーと呼ばれる仏壇に
祈願する祭事のようです。

そしてウサンミと呼ばれる重箱料理
お供え膳になるそうです。

沖縄の神様に捧げるものとして扱われる
訳ですから仏教の教えとは関係なく、
肉や魚を出せると言うのはこの理由
からなのでしょうね。

このウサンミと呼ばれる重箱料理ですが、
お重の中身は豪勢なもので6品、多い所
では9,10品も出すほどです。

内容は肉や魚、野菜の盛り合わせ、
祝い物であるかまぼこなど
彩のある沖縄料理をメインで出すのが、
現在の沖縄のお彼岸のようです。

このかまぼこの色ですが、喪中の場合は
白を出し、喪が明けた時には赤いかまぼこ
を出すの慣わしのようです。

最近では沖縄でも、全国のお彼岸に倣った
精進料理を出す所が増えてきたようですが
沖縄独特の文化として今でも、豪華な
ウサンミを用意するのが沖縄のお彼岸
のようです。

お月見のイラストで壁面を作ってみよう!

9月になると季節の行事としてお月見
挙げられます。

幼稚園などではお月見に関する絵を描いたり、
月見団子の工作をした記憶があります。

お月見と言えば、満月、ウサギ、月見団子、
それにススキ、絵を描くにしてもここら辺は
鉄板ですね。

お月見に関するイラストなどがどれ位あるのか
今回はそれについて調べてみようと思います。

フリー素材のお月見イラストを見てみよう

otsukimi04

自分でイラストを作るのも良いのですが、
ネットでもイラストは見つける事が出来ます。

イラストを描くにしても、参考として人のを
見るのも良いでしょう。

フリー素材で探すのであれば素材集のサイト
作品を投稿できるサイトで探すのが一番です。

興味があれば一度見てみるのもオススメです。

イラストに多く見られるのは月をバックに
月見団子とススキが両サイドに配置された
構図です。

その真ん中にウサギがいたり、
餅をついていたりなどポイントが
抑えられています。

お月見の時間帯が夜なので、
月とススキの黄色とウサギのが映えます。

このウサギの絵に描いた人の個性
浮かび上がります。

一番被写体として特徴的だからでしょう。

月に表情を描いたり、それぞれのイラスト
には個性があります。

やはりキャラクターを使ったお月見
イラストも見受けられます。

キャラが好きな人にとっては、そのキャラが
動いている姿を見るのが楽しいのでしょう。

イラストを描こうと考えている人には
いくつかのサイトを挙げておきますので
色んなイラストに目を通して参考にして
みてください。

●「shutterstock.com」
=>http://www.shutterstock.com/

●「花鳥風月」
=>https://azukichi.net/season/

●「ピクト缶」フリー素材・無料の写真
=>http://pictkan.com/

●「ピクト缶」イラスト素材
=>http://www.pictcan.com/

●「写真AC」
=>http://www.photo-ac.com/
※こちらのサイトは写真だけでなく、
イラストも置いてますのでご参考までに。

●「illustAC」
=>http://www.ac-illust.com/

お月見壁面を作ってみよう

otsukimi05

学校や幼稚園などの外壁にペンキで塗られた
大きな絵を見た事はありませんか?

生徒や園児達の様子やそれに関する様々な
ものを壁一面に描かれた絵です。

都会のシャッターや裏路地の壁やトンネル
などにも荒ぶった絵が描かれていますが、
アレも一応壁面に分類されます(汗)

壁に絵を描くだけなので、特に難しい事は
無いだろうと思われますが、これが結構な
骨になるのです。

壁の広さにも寄りますが、面積を考えて
イメージしなくてはいけません。

あと、壁面に絵を描く手段は何もインクや
ペンキ、スプレーだけとは限りません。

室内の壁と言える場所を飾る可能性もある
ので、後片付けの出来る紙での製作
できます。

何にしてもイラストを描くのであれば、
まず原画を考える必要があります。

お月見のイラストを描くのであれば、月、
ウサギ、団子、ススキ、夜、

これらのキーワードをしっかりイメージして
描きましょう。

月とススキの黄色、ウサギと団子の白、
夜の黒。

otsukimi06

ここら辺は描く人の感性にも寄りますが、
大体基本的な色と思われます。

あとは背景に何を置くかでまた色が
増えていきます。

原画が決まったら製作法はどうするかです。

直接絵を描くのか、ちぎり絵切り絵などの
モザイク調にするのか?

紙を張り合わせた貼り絵風にするのか?

この辺も作る人に寄りますが、個人的には
切り絵やちぎり絵の方が、子供と一緒に
楽しみながら作れるのでオススメです。

最近では養護施設デイケアサービスなどで、
高齢者のリハビリも兼ねて、イラストを
描いたり、ちぎり絵の製作などもやって
いるようです。

何事も楽しみながらやるのが一番ですので
イラストを描くのも壁面製作も、
全てお月見行事として楽しんでください。

お月見が行われる時期はいつ?由来は?

お月見の季節と言われています。

子供の頃、月ではウサギが餅をついている
と言う話をよく聞かされた事があると
思います。

このお月見をする日を十六夜と言い、
一般的には9月の15日から16日の2日間
の夜に行われます。

実はお月見は日本だけでなく、中国にも
古くからある慣習で、日本では縄文時代
からあったとも言われています。

今回はこのお月見について、お話を
しようと思います。

お月見が行われる時期

otsukimi01

お月見は旧暦の8月15日から8月16日
八月十五夜の夜と旧暦の9月13日から
14日九月十三夜の夜と2日間、
1年で4回行われます。

十五夜のお月様と言うのはよく聞く言葉
だと思いますが、今では十三夜のお月様
と言うのはあまり耳にしなくなりましたね。

八月の十五夜は別名「中秋の名月」
呼ばれるもので、中秋とは秋の中日を
指しており、旧暦で言う所の8月15日
だからなのです。

一般の認識では9月に行われるお月見が
十五夜のお月様と言った所でしょう。

本来の十五夜が旧暦の8月であり、
現在最も行われる時期が新暦の
9月の十三夜と混ざってしまってます。

これにはちょっとした理由があり、
旧暦は月の満ち欠けで一月の日数を
計算していました。

なので、旧暦に則った計算をすると、
毎年お月見の時期が変わってしまうのです。

大体9月の中旬から10月の上旬あたりに
毎年中秋の名月がやってきます。

たとえば2015年のお月見の時期ですが、
旧暦で計算すると9月27日となっており
新暦の15日から2週間近く過ぎております。

満月の時期はずれ込む事も多いのですが、
この年は満月の前日が中秋の名月でした。

ちなみに2016年の中秋の名月は丁度
9月15日に当たり、その2日後の9月17日
満月となります。

お月見の由来

otsukimi02

古くから風習として行われているお月見ですが
いつから始まってどこから来たのかは詳しく
解ってはおりません。

日本では縄文時代の頃からあったとも言われ
中国では唐の時代の頃からと言う事しか
解っておりません。

文献などから推測されているのは、日本が
貞観と呼ばれる時代に、日本の貴族社会に
伝わって来たと言われている事から、発祥
中国とされています。

そうして日本に伝わったお月見は平安時代
の頃には広く伝わるようになりました。

この頃のお月見は現在の一般家庭と同様に、
月を眺めて楽しむ行事だったようです。

貴族社会から始まった月見は、江戸時代
には完全に世俗化し、その時代の文献には
サトイモなどの芋煮を食べて夜遊びする
のが一般的だった様です。

東アジアにも旧暦の8月15日にサトイモの
収穫祭がある地域が多く、サトイモを月に
見立てて皆で食べていたそうです。

あまり耳にしませんが、芋を月に供える
「芋名月」の原型と思われます。

otsukimi03

このようにお月見は何かを崇めたり祈願
するものではなく、純粋に楽しむ為の行事
だったようです。

お供え物をするようになったのは、
江戸中期辺りからと言う事が記録に
残されています。

ススキを飾る理由は収穫と豊穣を祈願して
飾っている為ですが、

この当時はまだそう言う風習は無かったの
ですが、太陽信仰などの神を敬う風習を
持つ日本や中国にはうってつけの行事
だったのでしょう。

お盆旅行の別荘地はあえて定番を!別荘コンシェルジュ?

夏休みに入ると皆さん旅行の計画を立てる
人も出てくると思います。

避暑地として有名な軽井沢や、海の見える
リゾートなど、計画中は楽しいものです。

国内旅行を考えている人は観光か避暑か
悩んでいる人も居る事でしょう。

今回はお盆旅行で別荘を利用しよう
考えている人達に向けたお話です。

お盆旅行の別荘地にあえて定番を選ぶ

obonbessou01

夏休みシーズンはどこのキャンプ地や
コテージなどと言った別荘地は埋まりがちです。

計画はなるべく早め早めのスタートダッシュが
大事です。

決まった時には、有名どころは既に
抑えられているなんて状況も多々ある
でしょう。

じゃらんなどの旅情報誌に掲載される
ような所は既に予約で埋まってる事を
前提で調べておくぐらいの余裕が必要です。

今回は穴場的な別荘地をオススメします。

那須高原、白馬、軽井沢などは定番とも
言える別荘地ですが
案外狙いどころかもしれません。

obonbessou02

定番となると人はかえって避けたり、
新しい場所を求めたりするものです。

しかし変わらない定番が良いという人も
居るので、一概には言えませんが選択肢の
一つとも言えます。

定番だからこそ開発も進み、より多くの人が
利用できるようになった場所も少なからず
あります。

先にも名前を出しましたが、長野県白馬村の
グリーンバレー白馬、静岡県伊豆高原の
伊豆高原コテージなども挙げられます。

最近は外来種なども増えて色々制約も増え
ましたが、山梨県河口湖の近辺で釣り
しながら避暑を楽しむと言うのもアリだと
思います。

・伊豆高原
・河口湖
・白馬

この辺りは定番とは言えますが格安貸し
別荘もいくつかあるので、あえて
オススメとします。

お盆休みの別荘選び

obonbessou03

お盆休みの旅行に別荘暮らしをしてみよう
と言う方はまず何を調べるでしょうか?

近場である事だったり、自然が多い場所
だったり、人気が少ないところだったり
予算や休日の日数など人によって理由は
様々だと思われます。

旅情報誌を広げたりネットを利用して
事前に調べると思いますが
「別荘コンシェルジュ」と言うのを
利用するのも一つの手だと思います。

コンシェルジュとはサービス業の一つで
宿泊客の総合世話係と言う職業の方々です。

日本コンシェルジュ協会と言うものも
あるれっきとした職業です。

主にホテル・リゾート系列の方々が相談に
乗って案内をしてくれます。

旅行の際にはこの方々に問い合わせると
良いでしょう。

obonbessou04

もし旅や別荘地の案内が必要であるなら、
ホテル産業大手である東急グループ
オススメです。

最大手と言う事もあり、ベテランによる
ニーズや予算と物件を照らし合わせて
全国から様々な情報を提供してくれます。

別荘選びに悩んだ時は別荘コンシェルジュ
の方々を頼ると良いでしょう。

お盆