どんど焼きとは?火祭り行事とは?

あなたは、お正月に飾ったしめ縄松飾り
昨年のお札お守りなど、ちゃんと
”どんど焼き”で焼納していますか?

「スーパーマーケットの代行でお願いしたわ」

という方も最近は多いかもしれませんね。

けれど、どんど焼きについて少し知ってみると、
来年からは自分で行こう、と思えるかもしれませんよ。

どんと焼きとは?

donto01

「どんど焼き」とは、お正月に飾ったしめ縄や門松、
また書初めの書などを家々から持ち寄り、
浄火で焚き上げるお正月行事のひとつです。

地域によって、
「どんど焼き」と呼んだり「左義長」と呼んだりします。

などを支柱にしてその上になどを乗せて
小屋ややぐらをつくり、周りに持ち寄ったお飾りを積み重ね、

それらを天高く焚き上げる行事で、その火にあたったり、
お餅あぶって焼いて食べる
一年の無病息災が叶うと言われています。

どんど焼きの火祭り行事とは?

donto02

どんど焼きの火祭り行事は、
沖縄をのぞく日本各地で小正月の1月15日頃行われています。

もともと平安時代の宮中で行われていた行事が民間に伝わった、
とされていますが、お正月飾りを燃やす行為から、

お正月の神様(歳徳神)を炎とともに天に帰し、
その火にあたることで心身の穢れを浄める
という意味合いもあるようです。

神奈川県大磯町で行われる左義長が、
国の重要無形民俗文化財の指定を受けたことで、
一度は廃れた風習を復活させた地域も多いようです。

滋賀県近江八幡市の左義長まつり織田信長
盛大に行ったとされており、無形民俗文化財
選択されています。

donto03

冬の一大イベントとして大規模に行われる地域も
ほかにたくさんあります。

勇壮な火祭りに一度は足を運んでみたいですが、
まずは住んでいる地域の道祖神や近くの神社での
どんど焼きから参加してみてはいかがでしょう。

節分での恵方巻とは?方角は?

二月三日は節分の日ですね。

以前は節分の日と言えば、「鬼は外、福は内」
のかけ声とともに豆まきを各家庭で行うのが
一般的でした。

しかし、ここ十五年ほどでしょうか、
豆まきよりも恵方巻を食べる習慣の方が
メジャーとなってきています。

節分での恵方巻きとは?

setsubun_ehomaki3

節分の日の夜に、その年の恵方に向かい、
太巻きの巻き寿司をまるごと一本、
願い事を心で唱えながら無言で食べると
縁起が良い、という行事です。

恵方巻きの由来は?

setsubun_setsubun

この習慣がいったいいつどこで始まったのか、
興味があり調べてみました。

すると、

「江戸時代、大阪の商人たちが商売繁盛を
願って節分の日に始めた」

あるいは

「大阪船場の旦那衆たちと遊女との節分の日の
花魁(おいらん)遊びが始まり」
等々、

いずれも大阪が発祥だと言う説がほとんどでした。

その後昭和にはいり、
大阪の寿司や海苔に携わる商人たちが販売促進の目的で
「節分の丸かぶり寿司」という宣伝を始め、

のちのちの寿司業界がそれを利用して宣伝販売活動
をする動向に至り、平成十年に大手コンビニエンスストア
全国発売したことで一気に日本中に認知されるようになったそうです。

なんだか商人たちの思惑どおりに世の中に
広まったという感じも受けますね。

恵方巻きの方角は?

ehoumaki_ehou2014

とは言え、ここまで深く世間に浸透したのですから、
縁起担ぎとして乗じておかない手はありません。

今年2014年の恵方は「東北東やや右」だそうです。

恵方とは、歳徳神(陰陽道で言うところのその年の福の神)
がいらっしゃる方角で、吉がある方角のことです。

この方向に向かって行動すると良い結果
生まれると言われています。

現代ではこだわる人も少ないかもしれませんが、
自宅から見て恵方にある神社やお寺にお詣りすることを
恵方詣りと言います。

年間を通して開運の方角にあたるので、
外出する際は一旦恵方に向かって歩き出してみるなど、
今年一年、恵方を気にかけて過ごしてみるのも
良いかもしれませんね。

節分の由来は?豆まきは?

早いものでお正月もあっと言う間に過ぎ、
間もなく二月になろうとしています。

二月は立春、暦の上ではもうなんですね。

節分って何?

setsubun01

この二十四節気のひとつ、「立春」前日
「節分」と呼ぶのですが、皆さんご存知でしたか?

同様に、立夏、立秋、立冬の前日もすべて
「節分」になるわけです。

つまり、節分とは季節の変わり目にあたり、
豆をまく習慣が立春の前日だけであるのは、
春が一年の始まりであるからです。

一年の始まり(立春)の前日に、邪気を払って
厄払いをし新しい一年を健やかに迎えよう、
という考えから二月三日豆まきをするのです。

節分にまめで鬼を追い払うのはなぜ?

では、なぜ「豆」「鬼」を追い払うのでしょうか?
それは

「鬼」という字を「おに」と読みますが、「おに」
という日本語は「陰(おん)」に由来します。
「陰」とは目に見えない気、主として邪気のことをさし、
それが「おに」なのです。
また、隠れているこわいものとして「隠人(おんにん)」
が変化したという説もあり、形の見えない災害、病、
飢饉など、人間の想像力を超えた恐ろしい出来事は
鬼の仕業と考えられていたのです。

※「All About」より引用

だそうです。

そこで、「魔(ま)を滅(め)っする」意味から、
鬼の目に向かって豆を投げつけることで、
厄払いとなるのです。

このとき使う豆は生の豆ではいけません
豆が生のままですと、
拾い忘れた豆から悪い芽が出てそれがやがて
災いとなり降りかかってきてしまいます。

芽の出る心配のない、
炒った大豆を使うのはそれが理由なのです。

さて、こうして節分についてその由来や意味を
少し知るだけでも、これは豆まきをしなければいけない、
した方がいいんだなと改めて思い直しました。

節分に豆まきをしている?していない?

setsubun02

では、実際に皆さんのご家庭では二月三日に豆まき
しているのでしょうか?

興味深いアンケートを見つけましたので、
宜しければご覧ください。

今年の節分は豆をまきますか? | ゼゼヒヒ – インターネット国民投票

こちらを見る限りでは、
最近では各家庭で豆まきをする習慣は薄れつつあるようです。

確かに、お子さんが小さい頃は家族そろっての
イベントとして楽しめるでしょう。

しかし、子供が大きくになるにつれ、
また共働きのご家庭が増えるにつれ、
家族がそろう時間も少なくなります。

忙しいお母さんにとっては後片付けも面倒です。

日本の家庭でだんだんと豆まきが行われなくなってしまうのも
仕方のないことかもしれませんね。