有名人はうつ病になりやすい?うつ病の有名人は?

うつ病は誰にでもかかる可能性を持った
怖い病気です。

その原因は主にストレスなどが挙げられ、
私生活や仕事のストレスが大半を占めます。

人目に当てられることが仕事とも言える
有名人などは特にうつの危険性を
はらんでいるとも言えます。

今回はそんな有名人とうつ病の関係
ついてお話します。

うつ病と有名人の関係

utu19

テレビや雑誌などでその姿を日常的に
顔を見ることになる有名人ほどうつ病
になりやすいと言えます。

ネットなどが発達した現在では
プライベートなども暴かれ
心休まる時がないと推測されます。

また、匿名掲示板などで誹謗中傷
いわれのない噂などを気にする人も
多いのです。

韓国の芸能界では特にゴシップが酷く、
国民的人気俳優やアイドルの自殺報道
なども耳にした人がいることでしょう。

うつとは気分障害の一種で、うつの症状
抑うつ、意欲・興味・精神活動の低下、
焦燥、不眠、不安などと気持ちが通常
以上に沈んでしまう精神障害です。

この症状の厄介なところは、人目を気に
しなければいけない職業柄と前述の症状
との相性が非常に悪いことです。

うつの症状に常に他人の目が気になる
というものがありますが、

人目に出る機会が特に多い有名人には
拷問に感じることでしょう。

そこにさらに他人の自分への評価、評判、
噂、誹謗中傷など死にたくなるのも無理は
ないと思います。

うつという病気は対策をしていても簡単
には回避できない残酷な病気なのです。

うつ病にかかった有名人

普通の人でもうつにかかることはありますが、
有名人は特にその不安は強いと思います。

特に認知されないことが多い病気の上に、
常に人前に出ることを義務付けられている
芸能人などには酷な話です。

過去にうつ病にかかった有名人には
どんな方がいるのかを調べてみました。

ナインティナイン・岡村隆史
ユースケ・サンタマリア
高島忠夫
武田鉄矢
レディー・ガガ
アンジェリーナ・ジョリー
ブラッド・ピット

ここで紹介するのはほんの一部ですが、
そうそうたる顔ぶれですね。

テレビの向こう側で素晴らしい笑顔や演技
を見せてくれる方々でも人知れずうつに
悩んでいたのです。

岡村隆史は最近のニュースでも取り上げ
られたのでご存知の方も多いと思いますが、

本当に苦しいということが相方の矢部浩之
の話でも解ります。

うつには休息が必要ですが、売れっ子に
なればなるほどそれが難しいのは理解
できます。

しかし自分の身を考えたら一刻も早く
休みをとる必要があります。

ここでもやはり周りの理解が必要
ということが思い知らされます。

不幸なことに自ら命を絶った有名人
少なくありません。

遺書や生前の様子で推測されることが
ほとんどなので、うつが原因とは断定
できません。

なのであえて名前は出しませんが、
少なからず影響があることは間違いない
でしょう。

繰り返しになりますが、うつ病には
周囲の理解が不可欠なのです。

病気

うつ病の薬の副作用!病状を悪化させる?最低限必要な薬の知識は?

うつ病はストレス社会と言われる現代では
発症する恐れが誰にでもある病気です。

長い間理解されることがなかった病気
のため、未だに認知されていない面も
あります。

治療にはカウンセリングだけでなく薬
による治療などもありますが、

うつ病治療のための服薬による副作用
などの不安もあります。

今回のお話はうつ病治療の際の副作用
についてのご紹介をしましょう。

最初の診断では処方される薬や診断は曖昧な場合

utu16

病院で診察され、うつ病と診断された人は
薬を処方されると思います。

この薬ですが、種類は様々あり、
状態によっては数種類に及ぶと思います。

抗うつ剤から抗不安剤、睡眠薬という
ものもありますね。

処方された薬には大なり小なりの副作用
は存在します。

これらを服用してのうつ病治療には
副作用の心配もしていかないと
いけません。

うつ病の治療に使われる薬の知識
しっかり持っておかないといけません。

もし、うつ病を抱えている人はこれら
の知識を身に着けておいてください。

utu18

うつ病治療の際には病院で診断を受け
ますが、どこの科に受けたかにも
よります。

精神科、心療内科など治療を受ける
べき場所を選ぶと思います。

さて、ここで治療の際に紹介状が
あるかないかで変わってきます。

始めて病院に行くときは紹介状を
持たない状態のはずです。

このとき受け取る薬に差があると
思います。

紹介状を受け取っている場合は受け取る
薬は以前のものと変わらないと思いますが

処方される薬どころか診断される病状
変わってくる可能性が大きいのです。

薬や診断はかかる医者の判断などで
大きく変わるケースもあるので

不安であるのなら主治医に自分の処方する薬
について、なぜ服用する必要があるのかを
聞いたほうが良いでしょう。

うつ病治療の薬の副作用

utu17

診断や処方される薬は医者によって曖昧
なケースがあるということは

自分の状態には必要のない薬を受け取る
可能性もあるのです。

余計な薬を服用して副作用に悩まされる
ことだけは避けましょう。

さて、それぞれの薬の副作用について
考えましょう。

抗うつ剤、抗不安剤、睡眠薬など様々な
ものがうつ病治療に使われますが

一般的な副作用と言えば依存症や不眠症
などが思い浮かぶと思います。

それでは薬別の副作用について解説して
いきましょう。

まずは代表的な副作用については以下に
なります。

・抗うつ剤
パニック症

・抗不安剤
依存性、強迫観念

・睡眠薬
依存性

もっと細かく言うとこれ以上のものは
あるのですが、深刻化する副作用が
これらになります。

抗うつ剤のパニック症は過剰摂取により
自殺願望がわいたり、突発的な無差別殺人
を起こすなどの事件性が高いものも
あります。

抗不安剤も同じように、下手をすると
病状を悪化させる可能性もあり、
手放せなくなることもあります。

睡眠薬も同様に使うことでそのまま二度
目覚めない状態を引き起こす可能性
あります。

これらは中毒性や神経に悪い影響を
与える与える不安を抱えた薬です。

服用は素人判断ではなく、必ず医者の診断
と用量・用法の扱いには間違えないように
しましょう。

病気

突然パニック発作に陥った!パニック障害の対処法!

精神障害の一種であるパニック障害
原因が特定されていない病気です。

世間にあまり認識されていない病気
のために、他人だけではなく自分も
何が起こっているのか解らない状態
に陥ります。

パニック障害の治療には薬によるもの
がありますが、パニック障害の理解を
深めることが治療には不可欠です。

もしパニック障害に陥った場合の対処法
について今回はお話ししたいと思います。

突然パニック発作に陥った場合

panic13

パニック障害とは強烈な不安感や圧迫感、
強迫観念などが原因で動悸、息切れ、
心拍数と呼吸の増加などのパニック発作
が繰り返し起こり、

長期的なパニック発作への不安や挙動不審
などが挙げられる不安障害に分類される
突発的な精神障害を指します。

原因が特定されていない上に突発的に
起こる病気のために、陥った場合の
パニック状態からパニック症とも
言われます。

自分にも他人にも何が起きているのか、
どうすれば良いのか解らないことが
一番の恐怖であり、

パニック障害に歯止めがかけられない
と言うことがこの病気の最大の特徴
です。

このパニック障害に陥った人はその
名のとおりパニック状態にあるため、
初めて体験する人にはなす術がない
と思われます。

パニック障害は突発的に起こるもの
なので、構えておくということが
できません。

いつこのような状態になるかすら
解らないからです。

パニック障害に陥りやすい人は女性
や若年層に多いと言われていますが、
全ての人がかかる可能性があるのです。

もし、万が一自分がパニック障害に
陥った時のために予備知識を身に
着けておくほうが良いでしょう。

パニック障害の対処法

panic14

パニック障害は精神障害の一種に
分類されるため、医師やセラピスト
カウンセリングである程度の対処法
を身に着けられます。

現在は精神障害などの心の病気は
ストレス社会と言われる近年に
おいて現代病として認知されつつ
あるので、

ネットでもうつなどと同様に
パニック障害についての知識を集める
ことも、昔に比べると楽になって
きました。

まだまだ不明な点も多いパニック障害
は文書だけでなく、経験者の情報など
も数多くあり、学べることはたくさん
あると思います。

臨床心理学者の研究などは対処法に
おいても信ぴょう性も高いと感じ
られます。

もし自分や周りの人がパニック障害
に陥った際にはこれらの情報が必ず
役に立つはずです。

パニック障害に対する対処としては、
まず自分をいかにコントロール
できるかでしょう。

まずパニック障害の症状として呼吸
が浅く短くなり、過呼吸に陥り
やすくなります。

自分を落ち着かせるために呼吸を
整える必要がありますので、
この時は冷静に深呼吸を試みて
ください。

とにかく呼吸を整えることが大事
ですので、自分が落ち着ける方法を
真っ先に試してみましょう。

パニック症状で一番怖いのは呼吸が
乱れ、思考が正常にできなくなる
ことでしょう。

呼吸をコントロールし、自分を
落ち着かせることが発作を治める
最善の方法と言えます。

panic15

パニック症状は陥った際はどうしよう
もない不安に駆られると思いますが、
永遠に続くものではありません。

いつかは終わるものだと気を強く持ち、
リラックスして不安を取り除くことが
大事です。

決して恥ずかしいことではないので、
自分の気を紛らわせることに集中
してみましょう。

どうしても治まらないときは、
逃げ出すと言うのも一つの手です。

自分が安心できる安全な場所を確保
して、その場で「もう安心」「大丈夫」
と自分に言い聞かせて、気を落ち着ける
ことに神経を集中させてください。

もし、他人がパニック障害に陥った時
はこれらのことを言い聞かせてあげ
ましょう。

パニック症は脳神経の異常から起きる
症状なので、精神状態を保つことが
先決です。

呼吸を整えて不安を取り除いてあげる
ことを優先に、決して相手を追い詰める
ようなことはしないように注意して
ください。

病気

突然パニック発作!パニック障害とは?症状は?

皆さんはパニック障害と言う病気を
ご存知でしょうか?

大まかに説明すると、突発的に
パニック発作が起こる病気のことで
原因がいまだに特定されていません。

今回はパニック障害について
お話をしたいと思います。

パニック障害とは?

panic10

前述のとおり、突然パニック発作
が起こる病気で、いわゆる精神障害
の一種に分類されます。

精神障害と言うと、うつ病や
PTSDのような社会問題になっている
病気が思い浮かびますよね?

まさにパニック障害はストレス社会
と言われる現代の病気の一つとも
言えます。

パニック障害は動悸、息切れ、吐き気、
めまいなどに加え、不安感などの
パニック発作が予期しないが繰り返し
起こり、

強迫観念に駆られるなどの不安障害
分類される精神障害です。

このパニック障害はパニック発作の
症状が4つ以上見られ、症状が急速
または10分以内にピークに達する
特徴があります。

パニック障害が悪化すると最終的に
公共の場や、広い空間、狭い場所など
特定の空間に不安感を覚える広場恐怖症
にと進行する場合もあります。

かかりやすい人の特徴には女性や若年層、
身内の非常事態や不幸などで唐突に
起こることが挙げられます。

パニック障害の原因として、意識下
と無意識化両方に残る精神的ショック
が考えられ、

複数の原因があるとして近年の研究
によって、世間の認知度は広がって
いき脳機能の異常、精神障害の一種
として扱われてきています。

治療には認知行動療法や薬物療法が
行われ、抗うつ薬、抗不安薬などが
用いられます。

パニック障害の症状

panic11

パニック障害はパニック症とも呼ばれ、
パニック発作の症状が予期しない
タイミングで繰り返し起こることを
指します。

パニック発作の症状は、危険を感じた
時の偏桃体の活発化し、必要以上に
心拍数や呼吸が増えてしまいます。

さらにその発作が再発する恐れを抱く
予期不安とその症状の慢性化が
挙げられます。

パニック障害は精神障害の一種のため、
脳機能の異常、自律神経の異常により
体のコントロールが利かなくなり、

様々なことに恐怖感を覚え、過呼吸、
吐き気、胸部圧迫など呼吸困難や動悸
によるパニックに陥ることが特徴です。

panic12

長期化した場合にパニック発作の
繰り返し、被害妄想、強迫観念
広場恐怖症などを伴い、

最悪の場合には引きこもり化して
しまい、社会復帰が困難になると
言われています。

直接的な生命の危険はないと
されますが、異常なまでに溜め込んだ
ストレスによって体に異常をきたす
ケースも確認されており、

心筋梗塞などを遠因となることも
少なからずあると考えられます。

病気

パニック障害発症した人との接し方が分からない!治療法は?

精神障害の一種に分類されるパニック障害
は突発的なパニック発作を起こす症状が
特徴です。

心理的外傷後ストレス障害などの
精神障害は心、脳の病気と言えます。

即効性の治療はありませんが、根気強い
治療によって症状を軽くすることは
可能です。

それではパニック障害の治療方法など
はあるのでしょうか?

パニック障害との接し方

panic07

パニック障害はまだ原因が特定されて
いない病気のために、世間の認知度は
低く、理解も薄い病気です。

そのために発症した人への対応
解らずに意図せず傷つけてしまう
場合もありえます。

パニック障害は精神障害に分類される
心の病気の一種です。

決して軽んじて対応を間違えない
ようにする必要があります。

近年ではこうした精神疾患への理解も
広がりつつあるため、接し方の
ガイドラインと言うものもできて
きます。

それでも精神疾患は接し方が
わからない方が多いのも事実です。

心の病気だからこそ恐る恐る接する
方も多いのです。

わからないからこそ、当たりが強く
なったり腫れ物に触れるような扱い
なりがちですが、

接し方は特別気にすることは通常
ありません。

通常通り普通に接しても問題ない
ので、むしろ普通に振る舞って
ください。

パニック障害は他の精神障害同様に
「本人が異常」などと言う不安感を
与えないことが一番です。

パニック障害の治療法

panic08

精神障害の一種であるパニック障害
を治療するには段階ごとに症状を
改善する必要があります。

まずは治療の目標を決めて焦らず
着実に改善することを考えましょう。

パニック障害の治療の手段には薬物
による治療もあります。

薬物によってパニック障害の症状で
あるパニック発作を抑えることから
始めます。

薬には抗不安薬SSRIと言う治療薬
が使われ、抗不安薬とSSRIは同時に
服用されます

なぜならSSRIは少量の服用から始まり、
徐々にその量を増やしていきます。

panic09

SSRIの効果は十分に表れるまでに
長くて1月ほどかかるため、効果が
早い抗不安薬と併せて使います。

抗不安薬は依存性が高いと言われ、
使用には注意が必要ですが、医師の
指示をしっかりと守れば危険性は
ありません。

全ての病気に言えることでもありますが、
薬治療は副作用の恐れがあるものです。

抗不安薬の依存性もその一つで、
SSRIを服用直後は吐き気や腹痛
下痢などの症状が見えることも
あります。

長くても2週間程度の期間で症状は
治まりますが、情緒不安定になりやすく
もなります。

イライラしやすくなったり、怒りっぽく
なるなどこう言った症状がみられる場合
用量を調整して対応しましょう。

病気